判断基準なき緊急事態宣言によって自粛要請の対象となった感染者ゼロの岩手県

0

    JUGEMテーマ:政界批判

    JUGEMテーマ:医療崩壊

    JUGEMテーマ:岩手県

     

     今日は「判断基準なき緊急事態宣言によって自粛要請の対象となった感染者ゼロの岩手県」と題して論説します。

     

     サンケイスポーツの記事をご紹介します。
    『サンケイスポーツ 2020/05/06 22:50 緊急事態宣言解除の判断基準作成へ 安倍首相「できるだけ早く」

     安倍晋三首相は6日のインターネット番組で、5月末まで延長した緊急事態宣言を巡り、14日をめどとする地域ごとの解除検討に合わせ、判断基準を作成する考えを表明した。14日より前に基準が策定できた場合、内容を公表することも否定しなかった。新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「レムデシビル」について、7日に薬事承認する予定だと説明した。

     首相は判断基準について、宣言発令後の医療現場の逼迫度や、新規感染者数の推移などを踏まえた内容になるとの認識を示した。「行政としては、(専門家に)できるだけ早く基準をつくってほしい」と言及。これに関連し、西村康稔経済再生担当相も記者会見で「専門家と議論を進めている。近く示したい」とした。

     首相は追加の経済対策については「状況を見極め、さらなる対策を当然考えたい」と明言した。

     一方、首相は別のネット番組にビデオメッセージを寄せ、新型コロナウイルス感染症について「有効な治療法の確立に向け、この1カ月で一気に加速する」と強調した。

     緊急事態宣言の延長を巡り「5月は出口に向けた準備期間だ。ウイルスの存在を前提としながら、いつもの仕事、毎日の暮らしを取り戻す」と語った。メッセージは5日に公邸で収録された。』

     

     上記記事の通り、安倍首相は新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言に関して、5/14をメドに地域ごとに解除を検討することを踏まえ、判断基準を作成する考えを表明しました。

     

     判断基準について緊急事態宣言発令後の医療現場のひっ迫度に加え、新規感染者数の推移などを巡る分析を踏まえた内容になるとの認識を示しています。

     

     このニュースは、正直なところ、「国民を舐めているのか?」と”激おこ”ニュースだと思います。

     

     なぜならば緊急事態宣言を発令したということは、基準があってその基準に抵触するから発令したのでは?と考えるのが普通です。

     

     緊急事態宣言を発令する前に、官邸が基準を定める必要がある理由は、解除ができなくなってしまうからです。

     

     このニュースによってわかったことは、首相官邸は適当に判断して宣言をしたということに他なりません。

     

     例えば味噌ラーメンのスープで「味噌の量はこのくらいでいいじゃんね?」とか、スパゲティの麺で「茹でる時間は〇分くらいでいいんじゃね?」などの具合で適当に判断をして宣言をしていたということになります。

     

     これはもう日本国民が暴動を起こさなければならないレベルではないでしょうか?

     

     なぜならば基準なき緊急事態宣言で、日本全国が自粛要請となり、どれだけの事業者が倒産したり、廃業を余儀なくされたり、自殺した人もいるのではないでしょうか?

     

     「今さら何言っているの?」というレベルでふざけるな!といいたい。

     

     主権が制限されて憲法違反をしているのに、何となく緊急事態宣言をしたとなれば、これはもう噴飯ものです。

     

     仮に定量的に感染者が何人とか決められなくても、定性的でも基準を作ることは可能です。例えば医療崩壊のリスクを鑑みて、医療崩壊リスクを回避するために緊急事態を宣言するなど、定量的に何%とかできなくても、定性的な基準を作ることはできたはずです。

     

     逆説的に考えた場合、なぜ基準を作れなかったか?といえば、感染者ゼロの岩手県を入れたかったからかもしれません。岩手県は感染者がゼロであり、感染拡大していないので、医療崩壊リスクもありません。

     

     しかしながら4月の時点ではゴールデンウィークを控え、外出自粛をする必要があると判断した官邸側が、対象を岩手県を除くとせず、全国としておけば、とりあえず基準などなくても、全国を対象に緊急事態宣言を出すことができます。

     

     なんとなく緊急事態宣言をする必要があったが、基準を作りたくても岩手県には感染者がいない、さてどうしようか?→とりあえず全国を対象にしよう!

     

     4月の時点では、このくらいの発想で緊急事態宣言を出したのだと思われます。

     

     さもなければ今さら基準を作成するなど、到底考えられません。

     

     岩手県内の飲食店は、とばっちりを受け、自粛要請に協力せざるを得ず、廃業や倒産の憂き目にあったり、自殺した人もいるのではないでしょうか?

     

     この基準なき緊急事態宣言によって岩手県民の人々は、いわれなき財産権の侵害を受けたものと怒るべきだと私は思います。

     

     

     というわけで今日は「判断基準なき緊急事態宣言によって自粛要請の対象となった感染者ゼロの岩手県」と題して論説しました。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM