必死になって習近平に不愉快にさせまいと中国人の入国を禁止しない安倍首相

0

    JUGEMテーマ:マスコミ・報道

    JUGEMテーマ:安全保障

    JUGEMテーマ:国防・軍事

    JUGEMテーマ:国際金融情勢

    JUGEMテーマ:政界批判

    JUGEMテーマ:政権与党について

     

     今日は今年4月に国賓として来日する予定だった習近平国家主席の来日時期が延期になったことを取り上げ、「必死になって習近平に不愉快にさせまいと中国人の入国を禁止しない安倍首相」と題して論説します。

     

     下記は産経新聞の記事です。

    『産経新聞 2020/02/29 23:08 習近平主席、来日延期へ 新型肺炎で環境整わず 秋以降が有

     日中両政府が、4月上旬で調整してきた中国の習近平国家主席の国賓としての来日を延期する検討を進めていることが29日、分かった。複数の日中外交筋が明らかにした。中国湖北省武漢市で発生した肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大が、両国の国民生活に大きな影響を及ぼしていることを考慮し、来日の環境は整っていないと判断した。習氏の来日時期は事態の推移を見つつ改めて調整するが、東京五輪・パラリンピック後の秋以降が有力とみられる。

     習氏の国賓来日は昨年6月、安倍晋三首相が大阪市内で開いた日中首脳会談で「来年の桜の咲く頃、習氏を国賓として日本にお迎えし、日中関係を次の高みに引き上げたい」と直接呼びかけた。習氏もその場で「いいアイデアだ」と応じ、日中両政府は今年4月上旬の訪日実現に向けた準備を進めてきた。

     ただ、新型コロナウイルスの感染拡大で、中国は2月24日、3月5日に開幕予定だった重要政治日程である全国人民代表大会(全人代=国会)の延期を決定している。終息時期が見通せない中で外遊に出かければ、国内で批判を受ける可能性があるため、習氏が来日を先送りするとの観測が強まっていた。また、感染の広がりに伴い習氏の来日準備作業に大きな遅れが生じていたほか、日本側では与党からも国賓としての来日に反対意見が出ていた。

     首相は2月28日、首相官邸で中国の外交担当トップである楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(ようけつち)共産党政治局員と面会した際、「習主席の国賓訪問は日中両国関係にとり極めて重要だ」と述べた上で、「十分な成果をあげるために入念な準備を行わなければならない」と指摘した。来日時期よりも成果を重視する考えを強調することで、延期の方向を示唆したものとみられる。』

     

     上記記事は、習近平の国賓としての来日が、新型コロナウイルスの影響で延期になったというニュースです。

     

      私は習近平が国賓として来日することには反対であり、普通の公式訪問とすべきであると思っています。

     

     そもそも習近平が国賓とし来日するのと、普通の公式訪問とで何が違うのでしょうか?

     

     公式訪問と国賓訪問の最大の違いは一つであり、それは天皇陛下主催の晩餐会に出席ができることです。

     

     国賓で外国元首を招くとなれば、天皇陛下主催の晩餐会が開催され、主賓として出席できるようになります。これは国賓でしかできないことであって、天皇陛下主催の晩餐会は、習近平主席にとって、世界にメッセージを発信できる最大の最高の機会となります。

     

     晩餐会で習近平がメッセージを発信するということはどういう意味を持つでしょうか?

     

     過去5年前の2015年、英国が習近平主席を国賓として招いています。このときの首相は親中のキャメロン首相です。キャメロン首相はツイッターで習近平主席を英国人のパブに招き、ラガーのビールとフィッシャーアンドチップスを食べながら会談したという接待をしました。

     

     このとき晩餐会も開催され、英国女王主催の晩餐会がバッキンガム宮殿で行われました。

     

    <バッキンガム宮殿>

    DSCN0983.JPG

    (出典:杉っ子が2019/05/01に撮影)

     

     このとき習近平主席がスピーチをしましたが、その内容は「先の大戦で日本の侵略がいかに残虐だったか?」という内容のスピーチをしています。英国の王室のチャールズ皇太子は、真意は定かではありませんが晩餐会を欠席しました。

     

     中国の天安門事件を始めとした人権弾圧の抗議を表したのでは?ともいわれ、晩餐会に出たワインも1989年もののワインが出たとのこと。1989年といえば天安門事件の年です。

     

     これを考えると習近平が天皇陛下主催の晩餐会で何をスピーチするか?

     

     恐らく天皇陛下を横にして「先の第二次大戦では日本の侵略が残虐だった。南京では30万人が虐殺された。」とスピーチするのはほぼ間違いがないと言われています。

     

     なぜならば習近平が天皇陛下の晩餐会でこのようなスピーチをすることで、中国共産党は日本を屈服させたということを世界に示すことができるからです。

     

    <2015年10月22日に行われた英国での晩餐会で演説する習近平>

    (出典:ツイッター)

     

     

     上記ツイッターの写真は、5年前の英国の晩餐会の写真で、習近平が「日本の侵略がいかに残虐か!」というスピーチの途中で、アンドリュー王子が眠そうにしている様子です。

     

     この英国の国賓訪問は2015年でした。この翌年に国賓で呼んだキャメロン首相はブレグジットで国民投票に敗れ、辞任しています。

     

     習近平を国賓として日本に呼んだらどうなるでしょうか?恐らく中国共産党政府が天皇陛下を中国に呼ぶことになるでしょう。

     

     ウイグル虐殺、香港弾圧、新型コロナウイルスの世界への拡散で、中国は国際社会で孤立化しています。

     

     中国国内でも習近平政権に対して怒りを持っている中国人も多数おり、ある意味で習近平政権は窮地に陥っています。

     

     そこで天皇陛下に訪中していただければ、国際社会の評判を変え、中国人民に対して、日本の天皇がついに降参したということになるでしょう。

     

     日本政府には、習近平主席に恩を売るというメリットがあります。そうすれば習近平に中国人観光客をもっと送ってもらうことになるでしょう。

     

     外国人観光客の訪日4000万人は、アベノミクスの柱になっているため、安倍首相とすれば、もっと多く中国人に日本に来てもらいたいと思っているはずで、そのためには習近平の国賓来日は重要であり、習近平の機嫌を損ねないようにするためにも、新型コロナウイルスによって入国禁止という手を打つわけにはいかないというのが安倍首相の考えなのだと思います。

     

     

     というわけで今日は「必死になって習近平に不愉快にさせまいと中国人の入国を禁止しない安倍首相」と題して論説しました。

     天皇陛下が習近平と安倍首相によって、みすみす利用されるのを私は黙って見ていられません。国賓として習近平が来日することの意味を、日本国民は真剣に考えるべきであると、私は思います。

     

    〜関連記事〜

    権力維持のために日本国民に対して面従腹背している安倍総理は売国奴です!

    ”タタールのくびき”と”従軍慰安婦””南京大虐殺”の虐殺性について

    中国はどれだけ経済発展したとしても民主化することは絶対にありません!

    権力のためなら平気で他人を裏切る人間が頻出するのが中国の歴史です!

    「中国は経済成長すれば、やがて中国人民が豊かになって民主化する」という言説と「沖縄はもともと中国の領土だ」という言説の真偽

    世界で最古の国が”日本”である事実を否定する歴史学者たち

    青森県の大平山元遺跡(おおだいやまもといせき)と司馬遼太郎の功罪

    なぜ日本国の先人らは男系の皇統を守り続けたのか?

    皇室は、日本のナショナリズムの中核です!

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM