小泉進次郎氏の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合の欠席問題について

0

    JUGEMテーマ:マスコミ・報道

     

     新型コロナウイルスについての記事が連日報道されていますが、最近では日本の対応について批判する海外の記事が目立ってます。

     そんな中、小泉純一郎氏が、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を欠席し、地元の新年会に出席していた問題を取り上げ、「小泉進次郎氏の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合の欠席問題について」と題して論説します。

     

     下記は朝日新聞の記事です。

    『朝日新聞 2020/02/19 15:54 新型コロナ会議、新年会で欠席 小泉氏に与党からも苦言

     小泉進次郎環境相が、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を欠席し、地元で後援会の新年会に出席していたと指摘された問題で、与野党幹部から19日、批判や苦言が相次いだ。

     小泉氏は18日の衆院予算委員会で共産党議員から質問され、自ら「新年会に出席した」と説明することは避けつつも「ご指摘があった通り」と答弁。「危機管理は万全だ」と繰り返した。

     立憲民主党の安住淳国会対策委員長は19日午前、国会内で記者団に対し、「普段は歯切れよく、都合の良い話はしゃべっているのに、一番重要な対策会議を抜け出して、笑顔で写真を撮ったり、お酒を飲んだりしている」と小泉氏を批判。「閣僚の責任放棄で進退につながりかねない」として、衆院予算委などで追及を強める考えを示した。

     公明党の高木陽介国対委員長も、記者団に「重要な会合はしっかりと取り組んでもらいたい。国民の不安をしっかりと捉えて、払拭(ふっしょく)していくのが政府の最大の仕事だ」と苦言を呈した。

     自民党の森山裕国対委員長は「大臣がコロナウイルスの(16日の)会議に何人か欠席されたようだ。(欠席する大臣の)数が多すぎると正直思うので、今後大臣には、大事な会議には自らの出席をいただきたい」と記者団に述べた。

     対策本部の会合は全閣僚が構成員だが、小泉氏が欠席した16日の会合の座席図では、国内外の公務で出張中の茂木敏充外相、河野太郎防衛相、萩生田光一文部科学相、衛藤晟一・沖縄北方相や、政務で地元にいた森雅子法相が欠席し、副大臣や政務官が代理出席していた。(大久保貴裕)』

     

     

     上記の通り、小泉環境相が、政府の新型コロナウイルス対策のための会合を欠席して、地元の後援会の新年会に出席して酒を飲値いたとする記事です。

     

     この記事とは別ですが、昨日ブルームバーグ紙によれば、米国務省が日本への渡航警戒を1段階引き上げて「レベル2」としたことが報じられました。(因みに中国は「レベル4」)理由は感染経路が特定されず、感染拡大がなお続いている状況で、慢性疾患を抱えている人も多数いるということで、「リスクの高い渡航者」に警戒を呼び掛けています。

     

     今回の新型コロナウイルス騒動について、私も過去に記事をいくつか書いてきましたが、はっきり言って、日本の対応は全部後手後手に回っています。中国の習近平主席を国賓で呼ぶ直前の騒動で、中国に遠慮しているのか?インバウンドで経済成長を目指そうとしている安倍政権の政策にネガティブな事件だからなのか?はっきりとした理由はわかりませんが、対応が遅すぎて、ついに欧米からも日本が見捨てられるという入り口の始まりのような気がします。

     

     SARSとの比較では致死率が低いという楽観的な記事に対しても、私はものすごい違和感を持ちます。

     

     なぜならば今世界は、戦争をしているのと同じレベルで感染経路を特定したり、人の移動の自由を制限しています。致死率でみれば、化学的には通常のインフルエンザレベルかもしれませんが、変異する可能性もあり、何が起きるかわかりません。そういう意味で今は戦争しているのと同じです。

     

     戦争をしているということは、国民がたくさん死ぬということで、場合によっては国家がつぶれるかもしれないという状況でもあります。

     

     閣議というのは、そして内閣というものは、日本国家を体の中心としたときに頭脳の中枢に該当します。その内閣の構成員である環境省の小泉純一郎氏は、結婚して子どもが生まれようが、それは自分の話であって、「あなたは、大臣でしょ!」と言いたい。

     

     育児休暇だか何だか知りませんが、ふざけている以外の何物でもなく、パフォーマンスの度が過ぎます。

     

     国家の中枢で環境大臣という立場であれば、これは国民は怒らなければならないレベルであると私は思います。

     

     戦争しているのと同じ状況で人口が半分に減少するかもしれないという状況であることを、閣僚の人らは厳しく認識すべきでしょう。

     

     野党が公開した写真では、小泉環境相が「祝!環境大臣、ご結婚、ご長男誕生」と書かれた升を手に写真撮影に応じていたものが公表されています。

     

     「真摯に反省している」と言っていますが、そんなことはサルでもできる話です。

     

     私は、日本国家が小泉環境相の対応と、その後の態度・対応を許すとするならば、安倍内閣は、もうめちゃくちゃな政権としか言いようがなく、日本は日本国家として近代国家の資格はないと思うほどです。

     

     小泉環境相本人からすれば、地元の有権者のために行かざるを得ないという気持ちだったかもしれませんが、例えば1918年〜1919年に世界的に流行した”スペインかぜ”は、世界人口の25%〜30%が死んだとされ、当時の少なくても1/4の人口が減少しました。

     

     今回の新型コロナウイルスにしても、そういうことが十分にあり得ます。

     

     その時に国家として日本はどうすべきなのか?ということを内閣が責任を持っているわけで、小泉環境相の立ち回りを怒らない理由はありませんし、仮にあったとしても全く私には理解ができません。

     

     「真摯に受け止めて反省するというならば、国会議員を辞めろ!」というぐらいの話ではないでしょうか?

     

     

     というわけで今日は「小泉進次郎氏の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合の欠席問題について」と題して論説しました。

     

    〜関連記事〜

    郵政民営化を断行した不道徳な小泉純一郎氏と郵政株売却期限5年延期について


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM