デフレ放置とデフレ促進策をまい進するところへ、新型コロナウイルス騒動で令和不況へ突入か?

0

    JUGEMテーマ:経済全般

    JUGEMテーマ:デフレ・インフレ

     

     既にご承知と思いますが、新型コロナウイルスによって、経済にダメージをもたらすことは確実です。

     例えばクルーズ船の需要が縮小するから問題だ!というのは誰でも理解できます。春節で中国人が大勢来日してくれると期待していたが、来なくなったということで経済的なダメージを受けるというのも理解できるでしょう。

     直接中国人が落とすお金が縮小するという日本国内の需要縮小の現象ということに目が行きがちですが、実は経済的なダメージはそれだけではありません。

     

     そこで今日は、拡大が続く新型コロナウイルス騒動について、日本経済への影響を述べたく「デフレ放置とデフレ促進策をまい進するところへ、新型コロナウイルス騒動で令和不況へ突入か?」と題して論説します。

     

     新型コロナウイルスの日本国内への感染拡大も心配ですが、経済に対する影響は?といえば、もっと心配であるといえます。

     

     特に中国の国内経済は、これから低迷していくことになるでしょうし、生産活動が止まっている状況なので、中国の国内需要も落ち込みます。

     

     今、東アジアは中国の経済力が経済成長をけん引していたこともあり、これが中国への輸出が低迷していくことになるとなれば、国内需要が減少して海外でも需要が減ります。内需も外需も低迷するので、経済的被害は不可避であるといえるでしょう。

     

     中国は新型コロナウイルス肺炎の流行で経済活動が停滞しているため、石油需要が激減しています。

     

     下記はブルームバーグの記事です。

    『ブルームバーグ 2020/02/03 07:58 中国の石油需要が20%減、新型コロナウイルスで

     新型コロナウイルス感染拡大による影響で中国の石油需要は消費全体の20%に相当する日量300万バレル程度減少した。同国のエネルギー業界に詳しい複数の関係者が明らかにした。

     この規模の落ち込みは恐らく2008年から09年の世界金融危機以降で原油市場が見舞われた最も大きな需要ショックとなる。減産を巡り緊急会合を検討している石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成するOPECプラスは対応を迫られる可能性がある。

     中国は16年に米国を抜いて世界最大の原油輸入国になっており、中国国内の消費に変化があれば世界のエネルギー市場への影響は大きくなる。中国は日量約1400万バレルを消費しており、日本とフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、韓国の合計に匹敵する。

     公に話す権限がないとして匿名を条件に語った中国と欧米の石油幹部は、落ち込みはこの時期の通常水準に照らして測ったものだと説明。現在の需要減を評価したもので、危機が始まってからの平均ではない。平均で見れば減少幅はより小さいとみられる。

     中国当局は多くの人々の移動を制限し、春節(旧正月)連休も延長した。航空便の欠航が相次ぎ、世界各国の当局も新型ウイルスの拡散を抑え込もうとしている。』

     

     

     上記のブルームバーグの記事の通り、1日あたりで300万バレル減少し、2割減少と報じられています。

     

     世界最大の原油輸入国の変調で原油価格が下落し、OPEC石油輸出機構は減産を検討せざるを得ない状況となってしまいました。

     

     また居酒屋チェーンのワタミは、中国本土の直営店全店を撤退することを発表。感染拡大による影響で店舗休業の長期化を余儀なくされることに加え、客数の減少を受けて撤退することを決めました。

     

     ワタミは新型ウイルスの影響の長期化が見込まれるとして、早期の判断に至ったとしているが、中国経済の先行きも不透明であるとの指摘もありますが、もはや中国経済の先行きは低迷が必須であるといえるでしょう。

     

     物流が止まって生産が大きく落ち込むとなれば、GDP3面等価の原則で、生産の大幅減少=消費の大幅減少=所得の大幅減少 となります。

     

     まだ2月中旬ですが、新型コロナウイルスのピークは4月〜5月頃という予測もあり、これからますます低迷していくことになると思われますが、どこまでいつまで低迷するのか?不明です。

     

     日本にとっても経済的なダメージがあるのは必須でしょう。

     

     世界経済が折しも長期低迷に陥りつつある状況で、新型コロナウイルス騒動が発生したため、世界的な不況圧力に拍車がかかることは間違いないでしょう。

     

     中国国内では休業に追い込まれている工場がたくさんあるといわれ、日本の電機メーカーでは、稼働再開がさらに伸びるとなれば、サプライチェーンへの影響は避けられないと懸念されています。

     

     現地の工場の操業停止、ロジスティクスの停滞によって、日本の自動車メーカーや、電気部品の調達、供給網への影響も心配されます。

     

     特に自動車はたくさんの部品から成り立っているため、一つの部品でも欠ければ動きません。他から部品を調達することもできなくはないですが、時間がかかります。そういう意味でも大きな被害が出ることは必須といえるでしょう。

     

     日本経済についていえば、1月末に経済産業省が、小売、卸売りの商業実態調査(12月単月確報)を発表。これが衝撃的なデータでした。

     

    <商業動態統計(前年同月比増減率 2019年8月〜2019年12月>

    (出典:経済産業省のホームページ)

     

     上表を見ていただきたいのですが、2019年9月こそ駆け込み需要でプラスになったものの、それ以降の落ち込みはひどい状況です。2019年12月に限っていえば、医薬品と化粧品の卸売業を除き、すべてマイナスです。

     

     具体的には小売業の前年同月比が下記の通りとなっています。

     

     2019年10月 ▲7.0%

     2019年11月 ▲2.1%

     2019年12月 ▲2.6%

     

     これで第4四半期でみると、前年同月比は▲3.8%ということで、全国の小売りが4%売れなくなったということになります。これは明らかに消費増税の影響といえるでしょう。

     

     1997年、2014年の消費増税の時は、マイナスで前年同月比▲2.0%でしたが、今回の2019年増税は、その時のマイナスのおよそ2倍のマイナスの影響を受けているといえます。

     

     特に1997年の消費増税5%では、それによってデフレに叩き落されたきっかけを作った年であり、それ以降は失われた20年のスタートとなりました。

     

     その2倍の影響を受けているという時点で、ハイパーデフレになる予兆を示しているといえるところに、この状況で新型コロナウイルス騒動の発生。途轍もない経済的被害が出ることは必須でしょう。

     

     私は、内需縮小、外需縮小となれば、緊急大型経済対策を打つ以外に日本経済を救う道はないと思います。

     

     それこそ国債を増刷してしっかりと発行し、10兆円〜15兆円程度を調達して徹底的に政府支出拡大を図っていかなければ、日本経済の凋落に拍車をかけることでしょう。

     

     これは緊急でやらなければならないことであり、3年で10兆とか15兆とかいうのではなく、毎年10兆円〜15兆円程度の政府支出拡大をやる必要があって、特に今、緊急で手を打たなければ、日本経済は確実に令和恐慌に突入するでしょう。

     

     かつて昭和時代に、濱口雄幸内閣、井上準之助蔵相が、緊縮財政をやって日本経済は昭和恐慌に陥りました。それを救ったのは高橋是清で、財政出動のボトルネックだった金本位制を捨て、積極財政を行って不況から脱出できました。

     

     今の日本も消費税を5%に戻し、臨時特別措置で経済が立て直るまでは恒久減税をしていく必要があります。

     

     減税と政府支出で乗り切るということをやらなければ、日本は大恐慌に陥ることになるでしょう。

     

     

     

     というわけで今日は「デフレ放置とデフレ促進策をまい進するところへ、新型コロナウイルス騒動で令和不況へ突入か?」と題して論説しました。

     

     

    〜関連記事〜

    深刻な百貨店業界の売上高減少6兆円割れと免税店売上高2桁減少

    ナチスドイツと高橋是清の経済政策

    政府の経済発表は、大東亜戦争の大本営発表と同じです!

    10月、11月と2カ月連続でゼロとなった景気動向指数DIと、日銀のウソつき報告書

    景気動向指数による”いざなぎ越え”の真相

    いざなぎ景気を超えたにもかかわらず20年間以上GDPが伸びていない日本

    令和元年10月に実施した消費増税10%の経済破壊力インパクト

    日本の財政悪化の原因は、消費増税です!

    安倍総理の”切れ目のない機動的かつ万全”の”万全”とは何に対する”万全”なのか?

    消費税15%を提唱するIMFよ!お前はIMFではない!IMFの名を借りた財務省職員だ!

    消費増税直前の9/30に相次いだ地方・郊外百貨店の閉店数二桁は、リーマンショック時と同じです!

    消費増税10%で日本経済は地獄へ!

    消費増税は、リーマンショック何回分のダメージか?

    デフレの本質を理解していない安倍総理

    インフレになっていない状況で実施された消費増税の経済へのすさまじい破壊力

    消費税率1%UPで2.5兆円増収できるというウソ


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM