”税金返せ!”とプラカード持って大嘗祭に反対している人は愚民です!

0

    JUGEMテーマ:経済成長

    JUGEMテーマ:デフレ・インフレ

     

     今日は「”税金返せ!”とプラカード持って大嘗祭に反対している人は愚民です!」と題して論説します。

     

     下記は朝日新聞の記事です。

    『朝日新聞 2019/11/14(木)19:41 大嘗祭「一晩のため税金27億円」 東京駅前で反対集会

     東京都千代田区のJR東京駅・丸の内駅前広場で14日夜、大嘗祭(だいじょうさい)に反対する集会があった。主催者の男性はマイクを持ち「たった一晩の儀式のために27億円もの税金を使い、巨大な神殿が建てられた」と訴えた。参加者は「インチキ大嘗祭」などと書かれたプラカードを掲げ「大嘗祭反対」「税金返せ」とシュプレヒコールの声を上げた。武蔵野市から来たという女性(37)は「天皇制に反対する人は潜在的にいるのに、声を上げにくい息苦しい状況が生まれている」と語った。』

     

     

     上記は、大嘗祭で27億円も使っているということに対して、反対集会が東京駅の丸の内駅前広場で行われたとする記事です。

     

     この記事を見て思ったことがあります。といっても本当はこの言葉は、同じ同胞の日本国民・日本人には使いたくありませんが、それでも言わざるを得ず、敢えていいますが”愚民”です。

     

     その理由を2つご説明します。

     

     まず一つ目として、「たった一晩の儀式のために27億円もの税金を使い、巨大な神殿が建てられた」と批判するのはいいですが、27億円支出すれば、27億円分所得が発生して、経済成長します。

     

     経済成長するとは、実質GDPが成長すると私は定義します。そう定義した場合、実質GDPが増えるというのは、例えば今までパンを10個食べることができたのを、実質GDPが増えたことによって12個のパンを食べることができるようになった、ということを意味します。

     

     今まで10個しか買えなかった人が12個のパンを買えるようになったというのは、豊かさを実感できるでしょう。

     

     逆に実質賃金が減ったりした結果、10個のパン買えていたのに、8個しか買えなくなったとなれば、貧困を実感することになるでしょう。何しろ食べ物を買える量が減ったということなので、パンが買える個数がどんどん減って、8個→6個→4個→2個→0個となってパンが買えなくなってしまえば、飢えて死んでしまうからです。

     

     では27億円を大嘗祭に費消した場合、経済効果はどうなるでしょうか?

     

     消費額27億円であれば、消費27億=生産27億=所得27億と、毎度おなじみの”GDP3面等価の原則”で、必ず所得が27億円増えます。

     

     プラカードを持って大嘗祭に反対している人の中で、神殿の建築で受注した企業にお勤めの人とか、居ないと思いますが、仮にいたとすれば、大バカ者です。一義的には公共事業を受注すれば、その受注企業が一番初めに潤うからです。

     

     とはいえ、受注企業に勤める人も、そのことで給料が増えれば、消費を増やします。

     

     消費者として消費を増やす際、製品の購入にしろ、サービスの購入にしろ、その製品やサービスを供給している企業とは、もしかしたらプラカードを持って大嘗祭に反対している人が勤めている企業の製品・サービスかもしれません。

     

     そのため、そもそも27億円を無駄遣いといっている時点で間違っているのです。

     

     

     愚民である理由の2つ目は、反対のデモに参加している人が持つプラカードの「税金を返せ」という言説です。

     

     こうした「税金を返せ!」という言説について、朝日新聞の記事では「税金返せ!」と書いていますが、これは「(私たちの)税金返せ!」ということで、”私たちの税金”で支出していると思われていることでしょう。

     

     ”私たちの税金”という言葉は、”私たちが払っている税金”だと思うのですが、私たちが払っている税金で政府支出をするのではありません。

     

     財政法第7条で定められた財務省証券(政府短期証券)や、財政法第4条の建設国債やら、それらを政府が発行し、政府が日銀当座預金を借りるために、財務省証券や建設国債を差し入れて、日銀当座預金を担保に政府小切手を発行して支払っているだけであって、日本国民が納めたお金で支出しているというのは間違っています。

     

     政府支出は”スペンディングファースト(支払いが先)”であって、徴税などを担保にして支出しているわけではありません。

     

     そのため、私たち日本人が納めた税金で政府支出をしているわけではないので、「税金を返す」というのは、誰に税金を返すのか?という話になります。

     

     つまり「私たちの税金を勝手に使って税金ドロボウ!といった言説は、上述を理解できない”愚民”としか言いようがないと私は思います。

     

     

     というわけで今日は「”税金返せ!”とプラカード持って大嘗祭に反対している人は愚民です!」と題して論説しました。

     この記事が本当にひどい記事であると思うのは、大嘗祭の税金返せという話と別に、天皇制の反対を主張する人がいます。こうした人は、日本の皇統が2000年以上続いて、それが世界最古で世界の人々から尊敬されているという事実を知らないか、もしくはそのことの価値を理解できない人です。

     そうした人に対しては、やはり”愚者”としか言いようがないものと、改めて私は思います。

     

     

    〜関連記事(税金やお金や財政破綻の話)〜

    ”公務員は私たちの税金で飯を食べている”という言説と”スペンディング・ファースト”について

    ”MMTが正しいならば日本は無税国家でよいのでは?”という人は、税金について理解していない人である!

    政府が借金を増やすと国民の預金は増加します!

    3種類の負債

    政府の税収が安定している必要は全くありません!

    税金の役割とは何なのか?

    2018年度の税制改正の主要テーマに取り上げられた所得税の改革について

    「所得税を減税しないと富裕層が逃げていく!」は本当か?

    お金の本質を理解していた江戸時代の勘定奉行”荻原重秀”

    モンゴル帝国のフビライ・ハンの時代にインフレーションが発生したのはなぜか?

    ジンバブエのハイパーインフレについて

    ”政府は借金し放題”という”現代金融理論”について

    親日家の投資家ジム・ロジャーズ氏が指摘する日本の財政破綻に反論する!

    ”国債増刷+財政出動で税金を増せる”という言説は無責任なのか?

    国債は何兆円まで発行できるのか?(管理通貨制度について学ぼう!)

    ミクロ経済学の「予算制約式」について(「政府の負債は税金で返済しなければならない」のウソ)

    憲法改正で財政規律条項を入れる動きに反対!

    日銀が保有する国債は、地球が崩壊して滅亡するまで放置でOK!

     

     

    〜関連記事(MMT理論・銀行のビジネスモデルについて)〜

    ”MMT理論よ!お願いだから、引っ込んでくれ!”と恐れる構造改革論者と緊縮財政論者

    政府支出を拡大すればインフレ率が抑制できなくなるという言説に対する反論

    公共事業などの政府支出は銀行預金で借りているわけではありません!

    反論になっていない財務省の”増税不要論”への反論

    MMT理論の批判論に対する反論!

    ゼロからお金を生み出すことができるのが銀行です!

    借入金の否定=資本主義の否定(信用創造機能とは何か?)

    日本には財政問題は存在せず、金融緩和だけでは景気が良くなるわけがありません!

    国債は何兆円まで発行できるのか?(管理通貨制度について学ぼう!)

    ”政府は借金し放題”という”現代金融理論”について

    グリーン・ニューディール政策と現代金融理論

     

     

    〜関連記事(天皇関連)〜

    女性天皇を認めて女系天皇を認めないというのは、男性差別であって女性差別ではありません!

    天皇陛下の存在について

    米国に恐れられ、教科書に墨を塗らせて滅私奉公の精神を骨抜きにされた日本

    世界で最古の国が”日本”である事実を否定する歴史学者たち

    青森県の大平山元遺跡(おおだいやまもといせき)と司馬遼太郎の功罪

    「中国は経済成長すれば、やがて中国人民が豊かになって民主化する」という言説と「沖縄はもともと中国の領土だ」という言説の真偽

    なぜ日本国の先人らは男系の皇統を守り続けたのか?

    皇室は、日本のナショナリズムの中核です!


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM