根拠がないウクライナ疑惑でトランプ大統領弾劾ありきの報道をする”マスごみ”

0

    JUGEMテーマ:マスコミ・報道

    JUGEMテーマ:アメリカ

    JUGEMテーマ:ドナルド・トランプ

     

     

     今日は「根拠がないウクライナ疑惑でトランプ大統領弾劾ありきの報道をする”マスごみ”」と題して論説します。なぜ”マスごみ”とマスコミを揶揄するかといえば、ウクライナ疑惑について、”大山鳴動して鼠一匹”ならぬ”鼠ゼロ匹”だったロシア疑惑に懲りず、またまた真実と異なることを報道して騒ぎ立てているからです。

     

     これでは米国のマスコミをトランプ大統領がフェイクニュースを垂れ流しているのと同じ、日本のマスコミも「トランプ大統領はおかしなヤツ」というレッテル貼りの印象操作報道で同じことをやっていると思うからです。

     

     まずは毎日新聞の記事をご紹介します。

    『毎日新聞 2019/11/01 11:05 米下院、弾劾審査開始を正式に決議 トランプ大統領のウクライナ疑惑

     米下院は10月31日、ウクライナ疑惑を巡ってトランプ大統領を弾劾訴追するか審査するための決議を賛成多数で採択した。事実上、審査は始まっているが、ペロシ下院議長(民主党)が記者会見で審査開始を宣言したことがホワイトハウスや共和党の批判の的となっていることから、過去の弾劾訴追の手続きを踏まえ、正式に決議を採択した。
     決議は公聴会の開催や書面証言の公表など手続きの概要を定めたもの。賛成232、反対196で、ほぼ党派に沿った結果だった。共和党は全員が反対し、民主党は2議員が反対票を投じた。この2議員の選挙区ではトランプ氏が前回大統領選で勝利している。
     ペロシ氏は当初、選挙区に共和党支持者を多く抱える民主党議員が弾劾訴追に前向きな姿勢を示せば再選が危うくなると考え、賛否が明確になる決議採決に消極的だった。だが、共和党が手続きの不備を批判したことに加え、非公開の公聴会で、トランプ氏がウクライナに政敵のバイデン前副大統領の捜査を要求した疑惑に関する証言が得られたことから、方針を転換したものとみられる。
     ペロシ氏は採決前に議場で「これは真実に関する投票だ。米国の民主主義が危うくなっている」と訴えた。これに対し、トランプ氏はツイッターで「米国史上、最大の魔女狩りだ!」と弾劾訴追の動きを批判。「インチキ弾劾訴追は株式市場に悪影響を与えている」とも指摘した。
     一方、下院委員会の31日の非公開公聴会に、国家安全保障会議(NSC)でウクライナを担当するモリソン上級部長が出席。米紙ニューヨーク・タイムズによると、モリソン氏は、「バイデン氏への捜査がウクライナへの軍事支援再開の条件となっていた」とのテイラー駐ウクライナ臨時大使の証言に同意したという。【ワシントン古本陽荘】』

     

     上記は毎日新聞の記事ですが、毎日新聞に限らず新聞社各紙、テレビのマスメディアは、米国の下院議会が2019/10/31(木)に本会議で、トランプ大統領のウクライナ疑惑の弾劾調査の開始が決定されたと報じました。

     

     このニュースは米国のみならず日本を含め、世界中で大ニュースになっています。

     

     ウクライナ疑惑というのは、そもそもどのような疑惑なのでしょうか?

     

     ウクライナ疑惑とは何か?といえば、トランプ大統領がゼレンスキー大統領を脅して、民主党の大統領候補のバイデン氏の調査を無理強いしたということで、その行為がトランプ大統領の弾劾の理由になっています。

     

     それは米国のトランプ大統領と、ウクライナのゼレンスキー大統領の電話会談がきっかけです。しかしながら、その電話会談については、記録があり、ワシントンのホワイトハウスで公表されていまして、CNNが内容を紹介しています。

     

    <ワシントンのホワイトハウス>

    (出典:杉っ子が2014年12月31日に撮影したもの)

     

     その内容について、長文で恐れ入りますが、全文をご紹介させていただきます。注釈でクリーム色になっている部分にご注目ください。

     

    『CNN 2019/09/26 21:23 トランプ氏とウクライナ大統領の電話会談の全内容、注釈付き

    (CNN) トランプ米大統領はウクライナ大統領に対し、米国の政治的ライバルを捜査するように圧力をかけた。以下、ホワイトハウスが公表した電話会談の内容を注釈付きで記す。

    ◆電話会談の覚書◆

    主題:ゼレンスキー・ウクライナ大統領との電話会談

    参加者:ゼレンスキー・ウクライナ大統領

    筆記者:ホワイトハウス・シチュエーションルーム

    日時:2019年7月25日午前9時3分〜9時33分(東部標準時)

    場所:レジデンス

     

    注意:この電話会談の覚書は会話の逐語の書き起こしではない。この文書の文章は会話の発生時に会話の聴取と書面への記録を担当したシチュエーションルームの当直将校と国家安全保障会議の政策スタッフのメモと記憶を記録したものである。電話回線の不調やアクセント及び/または解釈の差を含む多くの要因が、記録の正確性に影響を与える。「聴取不能」の用語は、記録者が聞き取れなかった会話の部分を示すために使われる。

    (注)シチュエーションルームの記録係からの注意がある。ここで目にするものは詳細なメモであり、厳密に言えば逐語の書き起こしではない。

     

    トランプ大統領
    偉大な勝利をおめでとう。我々はみな米国から見ていた。素晴らしい仕事だった。多くのチャンスを与えられていたわけではないが、劣勢をはねのけたやり方、あなた方はたやすく勝利をつかんだ。すばらしい成功だ。おめでとう。

    (注)ゼレンスキー大統領は4月に大統領に就任しているが、この電話はゼレンスキー氏の政党が議会選挙で大勝したときのものだ。

    なお、ゼレンスキー氏は元コメディアンで、ウクライナの大統領になる前、テレビドラマで同職を演じたことがある。

     

    ゼレンスキー大統領
    完全にその通りだ、大統領閣下。我々は大きく勝利し、このために懸命に働いた。多くの働きをしたが、我々はあなたに、あなたから学ぶ機会があったことを伝えたい。あなたの手腕や知見を多く利用し、我々の選挙に取り入れ、そう、これらはユニークな選挙戦だった。あなたが最初に私に祝福の電話をかけてくれたのは私が大統領選に勝ったときだった。そして次にあなたが今、私に電話をかけてくれているのは私の政党が議会選で勝ったときだ。もっと出馬して、もっとあなたが私に電話をかけ、もっと我々が電話で会話できるようにしたいと思っている。

    (注)他国の首脳に見られるのと同じパターンで、ウクライナの大統領もトランプ氏への返礼にお世辞を言う。

     

    トランプ大統領
    それはとてもいい考えだ。あなたの国はそれをとても喜ぶと思う。

     

    ゼレンスキー大統領
    はい、実のところ、我々が懸命に働こうとしたのは、我が国の沼地を干上がらせたいからなのです。我々は多くの人々を引き連れてきました。古い政治家ではなく、典型的な政治家でもない。なぜなら我々は新しい形式、新しいタイプの政府を作りたかったからです。あなたはその点で我々の偉大な先生です。

    (注)ゼレンスキー氏はトランプ大統領が選挙戦で使った、米国の沼地を干上がらせるという言葉に同調した。

     

    トランプ大統領
    我々がウクライナのために多くのことをしてきたと言ってくれて本当にありがとう。我々は多くの努力と時間を費やしてきた。欧州の国々がやっているよりはるかに多い。彼らは今よりもっとあなた方を助けるべきだ。ドイツはあなた方のためにほとんど何もやっていない。

    (注)米国議会は実際、この年だけでウクライナ向けの多額の支援を4億ドル近く認めていたが、トランプ大統領はこの電話会談の直前に、9月で終了する本会計年度での支援を停止させていた。もしゼレンスキー大統領がこの電話の時にその事実を知らなかったとしても、まもなく知ることになっただろう。

    トランプ氏は資金援助を停止した理由について、ドイツなどの欧州諸国にウクライナに対するより多くの資金援助を促すためだったと説明した。

     

    トランプ大統領(続)
    彼らは口先だけで、あなたは本当にもっと彼らに聞いてもいいと思う。私がアンゲラ・メルケル(独首相)と話したとき、彼女はウクライナについて話したが、何もしていない。多くの欧州の国々もそうで、あなたが注目したいところだと思う。だが、米国はウクライナにとても、とてもよくしてきた。私は必ずお返しがあるものだと言うつもりはない。悪いことが起きているのだから。だが、米国はとても、とてもウクライナによくしてきた。

    (注)「私は必ずお返しがあるものだと言うつもりはない」。 ここにある全ての言葉は重要な意味を持ち、精査される。この文は間違いなく他と比べて主要な意味を持つ。トランプ氏はここで何を言おうとしていたのか。

     

    ゼレンスキー大統領
    ええ、あなたは完全に正しい。100%ではなく、本当に1000%だ。あなたに次のことが言える。アンゲラ・メルケルと会話をし、会いもした。マクロン(仏大統領)とも会い、話をした。私は彼らに制裁に関する問題で彼らがすべきことをしていないと伝えた。彼らは制裁を履行していない。彼らはウクライナのためにすべき程度に働いてはいない。論理的には欧州連合(EU)が我々の最大のパートナーとなるべきだが、厳密に言えば米国の方がEUよりはるかに大きなパートナーで、それについて私はあなた方に深く感謝している。米国はウクライナのためにかなり多くのことをしてくれている。特にロシア連邦に対する制裁の件ではEUよりはるかに多くのことを。

    (注)米国もEUもロシアのクリミア半島併合に対し同国への制裁を科している。ゼレンスキー氏は欧米からの支援やEUへの加入を求めていて、西側寄りの人物と見られている。

     

    ゼレンスキー大統領(続)
    私は防衛分野でのあなた方の大きな支援に感謝している。我々は次のステップに向けて協力を続ける準備ができている。特に米国からは防衛目的で(対戦車ミサイルの)ジャベリンをもっと購入する用意もある。

    (注)米国からの4億ドル近い支援には、軍事支援2億5000万ドルが含まれている。トランプ氏はそれを停止したが、最終的には議会からの非難を浴びて実行した。

     

    トランプ大統領
    我々の願いを聞いて欲しいのだが。我が国は多くを経験し、ウクライナもそれについて多くを知っている。ウクライナとの全体的な状況で何が起きているのかを把握してほしい。彼らはクラウドストライクと言っている・・・あなたの国には裕福な人物がいると思う。サーバーだ、彼らはウクライナにあると言っている。多くのことが続いた、全体的な状況だ。同じような人々が何人かあなたの周りにいると思う。

    (注)「我々の願いを聞いて欲しい」に不明確な部分はない。

    これはトランプ氏による米国政治に関する初めての言及だ。クラウドストライクは2016年の大統領選挙で米民主党全国委員会のデータ漏えいを調査した会社だ。また、トランプ氏の顧問弁護士、ルディ・ジュリアーニ氏は、脱税で有罪判決を受けた元トランプ陣営選対本部長のポール・マナフォート氏がウクライナでした仕事にどのように関わっていたのかの調査にも尽力している。

     

    トランプ大統領(続)
    司法長官にあなたかあなたの側近に電話させようと思う。その真相を解明してほしい。あなたが昨日見たように、あのまったく無意味なことがロバート・マラーという名前の男のとても貧弱な仕事ぶりとともに終わった。無能な仕事ぶりだ。だが、彼らは多くのことがウクライナとともに始まったと言う。できることがあればどんなことであれ、それが可能であるならば、あなたがやってくれることがとても重要だ。

    (注)ゼレンスキー氏がミサイルを頼んだわずかな言葉の後に、トランプ氏はマナフォート氏の支援に関連する事項で米国司法長官と協力するように要請している。だが、マナフォート氏を訴追したのは司法省であり、その省を率いているのがバー司法長官だ。

    この電話会談は、ロバート・マラー元特別検察官がトランプ陣営とロシア人のやり取りやトランプ氏の捜査妨害に関する報告書について議会証言した翌日に行われた。ロシアによる選挙介入に関するロシア側との共謀で訴追された者はいないが、マナフォート氏は脱税で有罪判決を受けた。同氏はウクライナで稼いだ数百万ドルを所得として申告していなかった。

     

    ゼレンスキー大統領
    ええ、それは私にとって、またあなたがつい先ほど述べた全てのことにとって非常に重要です。大統領の私にとって、それは非常に重要であり、今後どのような協力も受け入れます。我々は米国とウクライナの関係の新たなページを開く準備ができています。そのために、私は米国から大使を召還し、非常に有能で非常に経験のある大使と交代させます。彼は我々双方がより緊密になるために懸命に働くでしょう。私は彼があなたの信頼と信任を得て、あなたとの個人的関係を築き、我々がさらに協調できるようになることを期待します。個人的にお話ししますが、私の補佐の一人がジュリアーニ氏とつい最近話をしました。ジュリアーニ氏がウクライナを訪れ、訪問時には我々と会うことを願っています。我々の周りにはあなたの友人しかいないことを約束したい。私には最良の、最も経験豊富な人々がついていることを保証します。私はまた、我々は友人だということをあなたに伝えたい。我々は素晴らしい友人であり、あなた、大統領閣下は我が国に友人がいて、我々は戦略的協力関係を継続できる。私は自分の周囲に素晴らしい人物をそろえ、その捜査のほかにも、ウクライナの大統領として全ての捜査が公明正大に行われることを保証する。これは私があなたに保証できることだ。

    (注)ゼレンスキー氏はここでトランプ氏にノーとは正確には言っていない。

    これはゼレンスキー氏が既にジュリアーニ氏の動きに気づいている証拠だ。これはマナフォート氏の件とバイデン氏一族への調査の圧力の両方を含む。ジュリアーニ氏は結局、この電話会談の後まもなく、マドリードでゼレンスキー氏の腹心に会った。

    トランプ氏は願いを聞いてほしいと言った。ゼレンスキー氏は、本質的に、了解したと答えている。

     

    トランプ大統領
    いいことだ。なぜなら、あなた方にはとても優秀な検察官がいたが、解任され、それは実に不公平なことだったと聞いているからだ。多くの人がそれについて話をしている。彼らがあなた方の優秀な検察官をやめさせた方法や、それに関与したとても悪い奴らがいることを。ジュリアーニ氏は非常に尊敬されている人物だ。彼は元ニューヨーク市長、偉大な市長で、あなたに電話させようと思う。彼に司法長官とともにあなたに電話するように頼んでおこう。ルディは何が起きているか非常によく知っていて、とても有能な男だ。もしあなたが彼と話すことができれば、素晴らしい機会になるだろう。

    (注)バイデン氏や多くのウクライナ人、西欧の当局者はウクライナ検察のトップ、ショキン氏の解任を願っていた。なぜなら汚職を訴追しないからだ。トランプ氏の言い分では、ショキン氏は「解任され、実に不公平だ」ということになる。

    トランプ氏はゼレンスキー氏に、特にジュリアーニ氏の話を聞いてほしいと頼んでいる。ジュリアーニ氏はトランプ氏の個人弁護士でバイデン氏の捜査をしたがっている。米国の検察トップのバー司法長官をそこに加えたことは、これまで見てきたのとはまた別の新たな司法省の政治問題化の話になるだろう。

    ジュリアーニ氏はヒラリー・クリントン氏に対する追及が彼をウクライナへと導いたと主張する。ヒラリー氏や民主党員がマナフォート氏の信用をおとしめた張本人だと語る。ジュリアーニ氏は先週、CNNで「これを調べる中で、私はジョー・バイデンに関する信じられない話を見つけた。彼がウクライナ大統領に賄賂を渡し、息子の捜査をしようとする検察官を解任しようとしたとの内容だ」と語り、メディアが隠ぺいしようとしているとも述べた。

     

    トランプ大統領(続)
    前米国大使の女性は非常に悪いニュースであり、彼女がウクライナで取り引きしてきた人々も悪いニュースで、あなたにはそれを知らせておこう。その他に、バイデンの息子の話もたくさんある。バイデンが訴追をやめさせたという話で、多くの人がそれについて知りたがっている。だから司法長官とともにあなたにできることがあれば何でもすばらしい。バイデンは訴追を止めたと自慢して言いふらしていた。だからもしそれを調べられれば・・・私にとって恐ろしい話だ。

    (注)米国の駐ウクライナ大使はキャリア外交官のマリー・ヤヌコビッチ氏で、ウクライナのユリー・ルツェンコ検事総長(当時)と保守系メディアからの主張や批判を浴びたあと5月に召還された。いずれにせよ、これにより当時民主党員が主張していた通り、彼女の異動は政治的動機に基づくものだということがほとんど証明された。

     

    ゼレンスキー大統領
    その検察官についてあなたに話をしたい。まず最初に、私は状況を理解し知っている。我々が議会で絶対的な多数を勝ち取ったので、次の検事総長は100%の私の人、私の候補者になり、議会で承認され、9月に新しい検察官としてスタートする。この人物はその状況、特にあなたがこの問題で言及した会社について捜査する。その件の捜査の課題は、まさに公正を回復することを保証する問題であり、我々はそれに注意を向け、その件の捜査に乗り出す。それに加えて、あなたが我々に提供できる追加の情報がないかを尋ねたい。ウクライナの駐米大使に関して我が国で正義を執行するのを確実にするための捜査に非常に役に立つだろう。記憶の限りではイバノビッチという名前だ。彼女が悪い大使であることを最初に伝えてくれた人物があなたでよかった。私も100%そう思うからだ。彼女の私に対する態度は、彼女があこがれる前大統領に向けた最良のものとはかけ離れていて、彼女は彼の側の人間だ。彼女は私を新大統領として十分に受け入れていない。

    (注)ゼレンスキー氏はハンター・バイデン氏が以前携わった事業の権益を調査する新たな検察官の指名を約束し、それが公正におこなわれることを保証している。

    トランプ氏は大使に対して文句を言う言動を繰り返してきた。

     

    トランプ大統領
    ええ、彼女は何かを経験するだろう。私はジュリアーニ氏にあなたに電話させ、バー司法長官にも電話させ、その真相を解明する。あなたがそれを解明すると思う。私はその検察官が非常にひどい待遇を受けたこと、彼が非常に公正な検察官だったことを聞いているので、全てうまくいくように祈る。そちらの経済は私が予言したとおりどんどん良くなっている。あなた方には多くの資産がある。偉大な国だ。私には多くのウクライナの友人がいて、みな信じられないほどすばらしい人々だ。

    (注)もしあなたが数えているなら、これはトランプ氏がジュリアーニ氏に触れた4回目の発言だ。

    トランプ氏はビクトル・ショキン検察官に言及しているようだ。多くのウクライナ人や西欧の当局者は、彼が腐敗を根絶しようとしていたとは考えていない。バイデン氏は2018年に、ショキン氏の追放に圧力をかけ成功したことを成果として発言していた。

     

    ゼレンスキー大統領
    私もあなたに米国に多くのウクライナ人の友人がいることを伝えたい。実際、前回米国を訪れた際、私はニューヨークのセントラルパーク付近に滞在し、トランプタワーに滞在した。彼らと将来また話し、会いたい。また、訪米、特にワシントンへの招待についてあなたに感謝したい。他方、この件については我々は真剣で、捜査を行うことをあなたに保証したい。経済については、両国とも大きな潜在力があり、ウクライナにとって非常に重要な課題の一つがエネルギーの独立性だ。我々はエネルギーの独立性に関してとても成功し、米国と協力できていると考えている。我々は米国産の石油を購入しているが、今後の会合をとても期待している。こうした機会について議論し、お互いによく知る機会をもっと増やしていこう。あなた方の支援に大変感謝している。

    (注)これは、諸外国の当局者がトランプ氏の不動産をひいきにすることがポイントを稼ぐことになると期待していることを示している。

    米国産の石油や天然ガスの輸出はトランプ氏にとって重要な課題だ。

     

    トランプ大統領
    いい話だ。そう、本当にありがとう、私も感謝している。ルディとバー司法長官に電話するように言っておく。ありがとう。ホワイトハウスに来たいときは、いつでも電話をしてほしい。日程を教えてくれれば調整しよう。あなたに会うことを楽しみにしている。

    (注)ゼレンスキー氏がジュリアーニ氏と話をするべきだとのメッセージをまだ受け取っていないなら、たぶん今彼はそれを受け取っただろう。

     

    ゼレンスキー大統領
    本当にありがとう。訪問し、あなたと個人的に面会し、お互いをよりよく知れたらうれしい。会談を楽しみにしているし、ウクライナを訪れ、美しい街キエフに来られるようにあなたを招待したい。我々の国は美しく、あなたを歓迎する。他方で、9月1日に我々はポーランドにいて、できればポーランドでお会いできればと思う。その後、あなたがウクライナに来るのはいい考えかもしれない。私の飛行機でウクライナに来てもいいし、あなたの飛行機に乗ってもいい。その方が我々の機体よりずっとよさそうだ。

    (注)トランプ氏はハリケーン「ドリアン」の進展を監視するために、この外遊をキャンセルしなければならなかった。彼は少しゴルフもしていたが。

    マイク・ペンス副大統領がポーランドに行き、ゼレンスキー氏と会談した。ペンス氏はバイデン氏の問題を取り上げたことを否定したが、ウクライナへの米国の支援と腐敗の問題を多く議論した。

     

    トランプ大統領
    わかった、調整してみよう。ワシントンか、もしかしたらポーランドで会えることを楽しみにしている。2人ともそのときそこにいるだろうから。

     

    ゼレンスキー大統領
    非常に感謝している、大統領閣下。

     

    トランプ大統領
    あなたが成し遂げたすばらしい仕事におめでとうと言いたい。全世界が見ている。それほどの番狂わせだったかはわからないが、とにかくおめでとう。

     

    ゼレンスキー大統領
    ありがとう、大統領閣下。さようなら。

     

    ◆会談終了◆』

     

     

     

     この電話会談が行われたのは、2019/07/25なのですが、民主党の主張は、トランプ大統領がゼレンスキー大統領に対して、民主党のバイデン前副大統領と、その息子に対する調査を要求し、その見返りとして米国の軍事支援を使ったのでは?との疑義を主張しています。

     

     確かにバイデン氏は、来年の米国大統領選挙で民主党の有力な候補になっています。このバイデン氏のウクライナ疑惑を調査して欲しいということを、トランプ大統領がゼレンスキー大統領に圧力をかけて要求を飲ませ、その見返りにウクライナへ軍事支援をしたとなれば、トランプ大統領は自らの大統領選挙再選のために、米国の安全保障政策を利用したとんでもない罪であるというのが、民主党の主張で、これをもってトランプ大統領は弾劾されるべきであるとしています。

     

     しかしながら、CNNが紹介しているホワイトハウスで公表された電話会談の中身を見る限り、民主党の主張とは程遠い印象を受けますが、皆さんはどう思われるでしょうか?

     

     電話会談の内容からもわかるのは、トランプ大統領とゼレンスキー大統領は非常に仲がいいということ。そして、誰がどう読んでもゼレンスキー大統領はトランプ大統領のファンであると言っても過言ではないのではないでしょうか?

     

     まず初めに、トランプ大統領は、「偉大な勝利をおめでとう。」とゼレンスキーの大統領選挙の大勝利を祝福しています。

     

     ウクライナでは今年の春、大統領選挙があり、2019/03/31に第1回投票、2019/04/21に決選投票が行われ、ゼレンスキー大統領がポロシェンコを破って当選し、2019/05/20に大統領に就任しました。その後、電話会談の直前の7/22にウクライナ議会選があり、ゼレンスキー大統領が率いる「国民の奉仕者」が、史上最高となる得票率の絶対多数を獲得しました。

     

     ゼレンスキー大統領は、トランプ大統領に対して「我々はあなたに、あなたから学ぶ機会があったことを伝えたい。あなたの手腕や知見を多く利用し、」と答えています。

     

     また「我が国の沼地を干上がらせたい」という表現を使って、古い政治家・典型的な政治家ではなく、政府や議会を新しく刷新したいと述べています。

     

     その後、トランプ大統領が、ロシアへの制裁について触れ、欧州が何もしていないことを批判しています。中でもドイツのメルケル首相が何もしていないことを批判し、「我々がウクライナのために多くのことをしてきた」「彼らは今よりもっとあなた方を助けるべきだ」と米国はウクライナについて支援してきたことを述べています。

     

     さらにはトランプ大統領は「私は必ずお返しがあるものだと言うつもりはない」と述べ、トランプ大統領のウクライナへの支援は、EUが何もしないことが原因としながらも、米国として見返りを求めるものでもないことも触れられています。

     

     次にようやく問題のバイデン氏の調査の依頼のシーンとなります。「我々の願いを聞いて欲しいのだが。」と切り出し、バイデン氏、バイデン氏の息子のことについて触れています。

     

     しかしながら、その切り出し方は、マスコミが今報じているような、軍事支援をチラつかせて、トランプ大統領がゼレンスキー大統領に圧力をかけたわけではなく、「願いを聞いて欲しい」として、上からというよりも下からお願いという感じで、圧力をかけているとは到底思えません。

     

     ゼレンスキー大統領の回答をみても、トランプ大統領の調査依頼に対して、ウクライナにとって重要なことであり、既にバイデン候補の調査をすることになっているものの、前政権が放置してきた汚職疑惑であるとし、「ウクライナの大統領として全ての捜査が公明正大に行われることを保証する。」として自分が大統領として責任をもってオープンに調査することを約束しています。

     

     そして、その調査する検察官はバイデン氏に近い候補であったため、調査をちゃんとやらなかったので検察官も入れ替えるとしています。

     

     最後に両大統領の相互訪問を約束して、友好的に電話会談は終わっています。

     

     

     この内容を見る限り、米国のウクライナへの軍事支援について、トランプ大統領が軍事支援のカードをチラつかせて、ゼレンスキー大統領を脅したとか圧力をかけたとか、とてもそのような雰囲気であったとは思えません。

     

     反トランプのマスコミが主張しているのは、「トランプ大統領は、実際にウクライナの軍事支援を一時止めた!」ということで、それは確かに事実です。

     

     米国議会が既に決めていたウクライナへの3億9000万ドルの支援を一時停止するよう指示を出していて、それは事実です。

     

     ただ、その指示を出したのは2019/07/25の電話会談の数日前であり、この電話会談では支援停止について全く触れられていません。

     

     しかもゼレンスキー大統領は、トランプ大統領がウクライナの支援を一時停止する指示を出した事実を知りません。それどころか、ゼレンスキー大統領は会話の中で、毎年支援してもらっていることに触れ、その前の年までの支援について、感謝を述べています。

     

     ゼレンスキー大統領がその感謝をした後に、トランプ大統領が「我々の願いを聞いて欲しいのだが。」と切り出しています。

     

     つまりトランプ大統領は、バイデン氏の調査をやらせたいがために、軍事支援を使ってゼレンスキー大統領を脅したわけでもなく、ゼレンスキー大統領が米国のこれまでの軍事支援に感謝し、その後にトランプ大統領がバイデン氏の調査を依頼しています。

     

     まるで順番が逆になっていて、それでトランプ大統領によるプレッシャーとか脅しとか主張されるのは、単にトランプ大統領を貶めたいだけの報道なのでは?と言わざるを得ません。

     

     米国のマスコミ、日本のマスコミも、とにかくトランプ大統領の弾劾ありきの報道で、こうした根拠がない事実を捻じ曲げる報道は、たとえ報道の自由、言論の自由、表現の自由があったとしても、許してはいけないのではないでしょうか?

     

     

     というわけで今日は「根拠がないウクライナ疑惑でトランプ大統領弾劾ありきの報道をする”マスごみ”」と題して論説しました。

     私は反グローバリズムの立場で、論説することが多いわけですが、マスコミによる印象操作、事実を捻じ曲げて貶める報道に、ほとほと嫌気が指します。何しろマスコミもグローバル企業からの広告料を受け取っているグローバリズムの陣営に属するからこうなるのでしょう。

     しかし、それは人類にとっていいことは何一つないと思っておりまして、トランプ大統領には、こうしたフェイクニュースを垂れ流す”マスごみ”に負けないで頑張っていただきたいものと、私は思うのです。

     

     

    〜関連記事〜

    ウクライナ疑惑の報道について

    ネズミ一匹すら出なかったトランプ大統領のロシア疑惑


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM