”祝!訪日韓国人▲48.0%の大幅減少”と”正しい観光行政とは?”

0

    JUGEMテーマ:インバウンド

     

     今日は「”祝!訪日韓国人▲48.0%の大幅減少”と”正しい観光行政とは?”」と題して論説します。

     

     下記は朝日新聞の記事です。

    『朝日新聞 2019/09/18 16:20 8月の訪日韓国人客、昨年比48%減 下げ幅一気に拡大

     8月に日本を訪れた韓国人旅行者数は、前年同月より48・0%減って30万8700人だった。観光庁が18日、発表した。減少は2カ月連続で、下げ幅は7月の7・6%から一気に拡大した。日韓対立の解決の兆しが見えない中、訪日旅行を控える動きが韓国で急速に広がったとみられる。

     日本政府観光局によると、韓国からの訪日客は昨年後半以降、ベトナム旅行の人気が高まるなど渡航先の多様化や、韓国経済の低迷の影響などで前年割れの傾向が出ていた。

     さらに日本政府が7月4日、半導体関連3品目の対韓輸出規制強化を発動したことをきっかけに、韓国で訪日旅行を控える動きが広がりだした。一部の航空会社で、日本への旅客便を減らす動きも出ていた。

     韓国人旅行者の減少の影響で、訪日客全体でみても8月は前年同月より2・2%減って252万100人となった。台風による関西空港の被災や北海道での地震の影響で5・3%減だった昨年9月以来、11カ月ぶりに減少した。』

     

     

    <2019年8月の訪日外客数シェア>

    (出典:観光庁のホームページ)

     

    <2018年8月の訪日外客数シェア>

    (出典:観光庁のホームページ)

     

     

     上記記事の通り、観光庁は9/18(木)、先月8月に日本を訪れた韓国人が、推計で前年比▲48.0%の308,700人となり、7月の▲7.6%、561,700人から大きく減少したと報じました。

     

     8月の全体の伸び率も、韓国の大幅減少が効いたのか?2,578,021人→2,520,100人と▲57,921人(▲2.2%)の減少となり、11カ月ぶりに減少することとなりました。

     

     国と地域別では中国に次いで2番目に多い韓国からの訪日客が、今年に入ってから低迷し、8月単月では3番目に転落して台湾が2番目に多いシェアとなりました。

     

     この状況について私が思うところ、何ら問題なしということ、それに尽きます。

     

     インバウンドだけを相手に商売している人がいると思います。

     1月〜8月の全体の累計でみた場合でも、21,309,124人→22,144,900人で△805,776人(△3.9%)で、80万人程度増えていますが、日本列島に1億2500万人もの日本人が住んでいるということを忘れているのでしょうか?

     

     短期滞在ではなく8か月間住んでいる日本人が1億2500万人もいるわけで、この数字と比較するならば、80万人増えたところで、ゴミみたいな数字といえます。

     

     日本人一人が消費を3%〜4%増やせば、韓国人が48%減少したとしても、もっと大きな経済効果があるわけで、インバウンドなど、所詮どうでもいい話です。

     

     むしろ観光公害が増え、京都などいろんな地域で迷惑を被っています。

     

     極端な話、インバウンドがゼロだったとしても経済が回る状況にしなければならないですし、内需拡大するだけでそれは達成できるので、普通に実現が可能な話でもあります。

     

     そうやって内需拡大してインバウンドは御免ですとして、「日本に来るな!」といっているにもかかわらず、「頼むからたくさんのお金を払うから日本に観光をさせて欲しい。」という韓国人がいれば、「仕方がないな、だったら日本に入ってくれば・・・。その代わり英語は許すが、韓国語とかしゃべるなよ!ここは日本なのだから。」という高飛車な態度で観光客を受け入れるのが、正しい観光行政だと思うのは私だけでしょうか?

     

     例えば私は今年のGWに、英国とフランスに行きましたが、フランスは他国の案内板が非常に少なく、フランス語の表記が多いです。名所では英語表記を見かけますが、思いのほか、フランス語の表記が多く、日本は優しいといえます。何しろ、英語だけでなく韓国語も中国語も表記があるのがその証左です。

     

     しかしながらなぜ優しいの?と疑問に思います。

     

     優しい気持ちが悪いということであり、過剰に優しくすることは、もっと優しくすべき人にやさしくする時間を、やさしくすべきではない人に割く時間に充当してしまっているのでは?という疑義が発生するのです。

     

     我が国には日本人が生きています。私たちが海外に行くときも優しくされる必要はなく、英語を喋ればよく、仮に英語が話せなくても、苦労して帰ってくればいいだけのこと。海外に行くというのはそういうことなのだと私は思います。

     

     韓国人の訪日数が減少する一方で、中国は16.3%も増加し、1,000,600人と100万人を突破しました。中国政府が2019年1月からビザの要件を緩和し、航空路線を充実させて個人旅行が増えたとも言われる一方、それが観光公害の拡大につながっているといえます。

     

     インバウンドが増えている=よいこと となっていますが、私はこれは間違いだと考えます。いいことというのは、小銭が少し儲かるという話で、本当は日本人の消費が少し増えれば、そんな外人の小銭など要らないのに、消費増税という愚策を繰り返し、デフレを放置したことによって、貧困化した日本人は国内旅行ができず、外人の小銭が嬉しいと感じるようになってしまっているのです。

     

     これは本末転倒であり、観光公害を始めとしたさまざまな国益を毀損していることに、私たち日本人は気付くべきです。

     

     行政や都市計画や観光行政を語る場合、”これからの時代はインバウンドだ!”とか言っている人がいたら、間違いなくその人は頭が悪いです。経済を考えれば内需拡大が大事であって、インバウンドに頼るとか、IRで博打で経済成長とかいう考えは、バカ丸出しとしか言いようがないと私は思うのです。

     

     

     というわけで今日は「”祝!訪日韓国人▲48.0%の大幅減少”と”正しい観光行政とは?”」と題して論説しました。

     

     

    〜関連記事〜

    観光公害により日本人の京都離れが進行中

    消費税10%で日本は発展途上国化がさらに加速する!

    「外国人様に来ていただく!」という発想で観光立国を目指すと、行き着く先は発展途上国化です!

    外国人観光客、外国人労働者は、いずれも真実を隠蔽するビジネス用語です!

    「外国人様!外国人様!」とやっても、2兆円程度しかGDPは増えません!

    中国人の爆買い需要を狙った三越の失敗(日本人客を大事せず中国人向けシフトにしたツケと百貨店の苦境)

    典型的なレントシーキング “マスコミが報じない「民泊の不都合な真実」”


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM