政府の税収が安定している必要は全くありません!

0

    JUGEMテーマ:デフレ・インフレ

    JUGEMテーマ:経済成長

     

     今日は「政府の税収が安定している必要は全くありません!」と題して論説します。

     

     よく税収の議論をするときに、”消費税は安定的に税収が確保できる”という言説があります。これは正しいか?間違っているか?といえば正しいです。

     

     消費税にはスタビライザー機能がないからです。

     

     スタビライザー(stabilizer)とは安定装置です。法人税を高くすることや所得税の累進課税を強化することはスタビライザー機能を有効にします。

     

     具体的には、景気が良くなれば、企業から法人税を多く徴収し、高額所得者からは所得税を多く徴収します。結果、景気の過熱が抑制されます。他方で景気が悪くなれば、法人税を取れなくなり、所得税も多く徴収できなくなります。

     

     逆に消費税は、景気に左右されず、景気が過熱しても消費税は増えませんし、逆に不景気でも消費税は減りません。

     

     そういう意味で安定財源と表現することは正しいです。

     

     所得税の累進課税を緩和し、消費税率を引き上げるとなれば、どうなるか?

     

     高額所得者にとっては消費税率が8%であろうと、10%であろうと関係ありません。値段をいちいち気にして買い物かごに入れるということはないのです。

     

     しかしながら消費性向が高い低所得者層にとって、消費税は可処分所得を奪い取る行為です。

     

     日本は過去から一貫して、高額所得者層を利する法人税減税と、低所得者層を苦しめる消費増税を同時に進めてきました。下記は、1990年と2018年とで一般会計の歳入の内訳を比較したグラフです。

     

    <1990年と2018年の一般会計・歳入の内訳の比較>

     

     

     上記のグラフを見れば一目瞭然ですが、高額所得者層を利する法人税減税と、低所得者層を苦しめる消費増税を同時に進めた結果、消費税が13.1%増えて、所得税と法人税は同率の▲6.1%減少となり、消費税が歳入に占める割合は、4.6%→17.7%にまでシェアが拡大しました。

     

     法人税減税と消費税増税の組み合わせは、国民から株式に投資できる高額所得者層への所得移転ともいえます。なぜならば、法人税を引き下げ、企業の純利益が拡大すれば、配当金や自社株買いの資金が捻出できるようになるため、高額所得者層の金融所得までもが増えるからです。

     

     法人税収が減った分、「税金は幅広く、平等に負担する」という美辞麗句のもと、国民に負担が押し付けられているというのが、今の日本の実態です。

     

     デフレの国における消費増税は、物価が強制的に引き上げられる一方で給料が上がらないため、実質賃金が思いっきり下がります。

     

     デフレで貧困化しているところに消費増税となれば、さらに貧困化していくということになるでしょう。

     

     そもそも税収が安定している必要はあるのでしょうか?

     

     税収が安定している方がいいに決まっているという考えは、国家の財政運営を家計簿や企業経営と重ねている考えを持っていることの証左です。

     

     確かに家計では、収入が不安定に高くなったり低くなったりするよりも、安定していた方が生活しやすいに決まっています。企業経営もまた固定給など固定的に支払うものがあるわけで、売上が安定していた方がいいに決まっています。

     

     しかしながら国家(=政府)は、税収が不安定になろうとも安定しようと関係なく、税収が安定している必要がありません。なぜならば経世済民(世を経め、民を済う)が政府の存在目的だからです。

     

     税収が不安定になって、国家の財政が赤字になったとしても、国家の財政の赤字=国民(家計・企業)の黒字です。

     

     10兆円の財政出動をしたとして、8兆円徴税すれば2兆円が国民の資産になりますし、2兆円しか徴税しなければ8兆円が国民の資産になります。仮にも10兆円財政出動して10兆円徴税すれば、国民の資産はゼロです。

     

     また、政府は貯めたお金で国家公務員の給料を払っているわけでありません。公共事業についても、徴税した税金で賄っているのではありません。

     

     政府が公共事業をするときは、国債を担保に入れて、日銀当座預金を借り入れ、日銀当座預金を担保に政府小切手を発行して業者に支払いします。その業者が政府小切手を銀行に持ち込んで初めて預金が生み出され、企業の資産となります。

     

     何がいいたいかと言えば、徴収した税金を貯め込んでそれを公共事業に使っているわけではないということ、これに尽きます。

     

     まさに国家の財政では、ミクロ経済学でいう予算制約がないのです。国家の財政を企業経営や家計と同様に考えるからこそ、税収は安定しているべきであるとする言説が生み出されるのでしょう。

     

     誠に愚かなことと私は思います。

     

     

     

     というわけで今日は「政府の税収が安定している必要は全くありません!」と題して論説しました。

     

     

    〜関連記事(税金やお金や財政破綻について)〜

    税金の役割とは何なのか?

    2018年度の税制改正の主要テーマに取り上げられた所得税の改革について

    「所得税を減税しないと富裕層が逃げていく!」は本当か?

    お金の本質を理解していた江戸時代の勘定奉行”荻原重秀”

    モンゴル帝国のフビライ・ハンの時代にインフレーションが発生したのはなぜか?

    ジンバブエのハイパーインフレについて

    ”政府は借金し放題”という”現代金融理論”について

    親日家の投資家ジム・ロジャーズ氏が指摘する日本の財政破綻に反論する!

    ”国債増刷+財政出動で税金を増せる”という言説は無責任なのか?

    国債は何兆円まで発行できるのか?(管理通貨制度について学ぼう!)

    ミクロ経済学の「予算制約式」について(「政府の負債は税金で返済しなければならない」のウソ)

    憲法改正で財政規律条項を入れる動きに反対!

    日銀が保有する国債は、地球が崩壊して滅亡するまで放置でOK!

     

     

    〜関連記事(MMT理論・銀行のビジネスモデルについて)〜

    ”MMT理論よ!お願いだから、引っ込んでくれ!”と恐れる構造改革論者と緊縮財政論者

    政府支出を拡大すればインフレ率が抑制できなくなるという言説に対する反論

    公共事業などの政府支出は銀行預金で借りているわけではありません!

    反論になっていない財務省の”増税不要論”への反論

    MMT理論の批判論に対する反論!

    ゼロからお金を生み出すことができるのが銀行です!

    借入金の否定=資本主義の否定(信用創造機能とは何か?)

    日本には財政問題は存在せず、金融緩和だけでは景気が良くなるわけがありません!

    国債は何兆円まで発行できるのか?(管理通貨制度について学ぼう!)

    ”政府は借金し放題”という”現代金融理論”について

    グリーン・ニューディール政策と現代金融理論


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • 安定電源に全く役にも立たない再生可能エネルギーが買取から入札へ!
      正論太郎01 (07/01)
    • 大阪W選挙で維新圧勝の影響について
      島道譲 (04/16)
    • 英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)
      永井津記夫 (12/07)
    • ハロウィーンは日本のお祭りとは違います!
      ユーロン (11/12)
    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM