米国が攻撃されても日本はソニー製のTVで米国が攻撃されるのを見ているだけか?

0

    JUGEMテーマ:国防・軍事

    JUGEMテーマ:自衛隊について

    JUGEMテーマ:憲法改正

     

     今日は「米国が攻撃されても日本はソニー製のTVで米国が攻撃されるのを見ているだけか?」と題して、憲法9条問題について論説します。

     

     まず毎日新聞の記事をご紹介します。

    『毎日新聞 2019/06/27 00:44 トランプ氏「米国が攻撃されても日本は助ける必要はない」安保条約に不満

     トランプ米大統領は26日、米FOXテレビの電話インタビューで、日米安全保障条約について「もし日本が攻撃されたら、米国は第三次世界大戦を戦う。あらゆる犠牲を払って戦う。しかし、米国が攻撃されても日本は助ける必要はない。ソニーのテレビで、攻撃されているのを見ていられる」と述べ、防衛義務の片務性に関し不満を述べた。

     トランプ氏は、2016年大統領選の選挙集会でもほぼ同趣旨の発言をしていた。主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で訪日する前にあえて不満を漏らし、駐留米軍経費のさらなる負担や対日貿易赤字削減に向け圧力をかける狙いがあったものとみられる。安倍晋三首相との会談で、こうした点に触れる可能性がある。

     トランプ氏は「ほとんどすべての国が米国を利用してきた」とも語り、北大西洋条約機構(NATO)についても米軍の財政負担の割合が大きすぎるとして、ドイツを名指ししながら他の加盟国がもっと負担すべきだとの考えを示した。【ワシントン古本陽荘】』

     

     

     上記記事の通り、トランプ大統領がFOXテレビの電話インタビューで、日米安全保障条約の防衛義務の片務性に対して不満を述べたというニュースです。

     

     記事では、トランプ大統領が、もし日本が攻撃されたら米国は第三次世界大戦を戦い、あらゆる犠牲を払って戦う一方、米国が攻撃された場合は日本は米国を助ける必要はなく、ソニー製のTVで米国が攻撃されるのを見ているだけと皮肉を述べたと報じています。

     

     この発言について私が思うことは、「よくぞ、言った!その通りだ!」ということです。今までの米国の大統領は、みんなそう思っていたが、口に出して言うことは絶対にありませんでした。しかしながらトランプ大統領が言い放ったのです。

     

     なぜ日米安全保障条約があるか?といえば、憲法9条があるからで、憲法9条では日本は軍隊が持てないことになっています。米国は、そのような憲法を日本に押し付けたものです。

     

     戦争自体、国家間の紛争を解決する手段としては合法なのですが、戦争をできないようにする憲法を押し付けるというのは、国際法上は違法です。どのような法律に違反するか?といえば、ハーグ陸戦条約第43条です。

     

    『第三款 敵国の領土における軍の権力
    第42 条:一地方が事実上敵軍の権力内に帰したときは占領されたものとする。占領はその
    権力を樹立し、かつこれを行使できる地域をもって限度とする。
    第43 条:国の権力が事実上占領者の手に移った上は、占領者は絶対的な支障がない限り、
    占領地の現行法律を尊重して、なるべく公共の秩序及び生活を回復確保する為、施せる一
    切の手段を尽くさなければならない。

     

     このハーグ陸戦条約の第43条の赤字の部分が、占領軍が憲法を作ってそれを押し付ける行為を違反と指摘する根拠国際法令です。そのため、もともとは米国から言ってきた話であり、防衛できないのは当たり前です。そこで日米安全保障条約で米国を駐留させて、日本を属国化して日本が米国を守る形にしようとなりました。

     

     そんなわけで、米国が押し付けた憲法9条があって、防衛ができないから米軍を置くという米国の方針でずっと来た話を、その米国の大統領がオカシイと言ってくれたとするならば、では日本は憲法9条を改正させていただくという話になります。

     

     第二次大戦後直後、米国は日本に対して軍隊を持たせないようにしました。理由は日本が自分で自国を守れるようにするとなると、海軍のゼロ戦や陸軍の隼など軍事技術が高く、怖いので軍隊を持つな!と日本に対して今までやってきました。

     

     その米国が安全保障条約が片務的で嫌なので辞めたいというのであれば、「ありがとうございます!それでは軍隊を自前で持たせていただきます!」という話であり、「自分で軍隊をちゃんと持て!」と言っているに他なりません。

     

     宗主国の米国が「独立してください!」といってきてくれたのであれば、「独立することを許してくれるのですね!ありがとうございます。」ということ。にもかかわらず、憲法9条2項「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。」を削除するなどの検討をせず、自衛隊を加憲して明記するというのは何事か?と思うのは私だけでしょうか?

     

     

     というわけで今日は「米国が攻撃されても日本はソニー製のTVで米国が攻撃されるのを見ているだけか?」と題して論説しました。

     

    〜関連記事〜

    「ホイッ!」と作られた日本国憲法とハーグ陸戦条約第43条

    参議院選挙の争点に”改憲議論を進めることの是非”

    憲法改正で財政規律条項を入れる動きに反対!

    ”真珠湾攻撃で活躍したゼロ戦1万機”と”マレー沖海戦で活躍した隼5千機”を製造した日本の航空技術力


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • 安定電源に全く役にも立たない再生可能エネルギーが買取から入札へ!
      正論太郎01 (07/01)
    • 大阪W選挙で維新圧勝の影響について
      島道譲 (04/16)
    • 英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)
      永井津記夫 (12/07)
    • ハロウィーンは日本のお祭りとは違います!
      ユーロン (11/12)
    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM