大阪W選挙で維新圧勝の影響について

0

    JUGEMテーマ:大阪維新の会

     

     今日は「大阪W選挙で維新圧勝の影響について」と題し、4/7(日)に投開票が行われた大阪府知事選挙と大阪市長選挙のW選挙について論説します。

     

     すでにご承知の通り、大阪府知事選挙では、地域政党である大阪維新の会の政調会長で前大阪市長の吉村氏が、自民党が擁立した無所属候補を破って当選しました。また大阪市長選挙では、大阪維新の会の代表で前大阪府知事の松井氏が、自民党推薦の元市議を破って当選しました。

     

     この大阪府知事選挙と大阪市長選挙のことをダブル選挙と呼んでいますが、この2つだけではなく、大阪府議会議員選挙、大阪市議会議員選挙と、合計4つの選挙がありました。

     

     その意味では、ダブル(2重)、トリプル(3重)の次で、ほとんどの方が聞きなれないと思いますが、クアドラプル(4重)選挙でもあったのです。

     

     日本維新の会の目的はただ一つで、ダブル選の勝利ではなく、クアドラプル選の勝利が目的でした。なぜならば、大阪市長選挙と大阪府知事選挙に勝つことに加え、大阪市議会過半数と大阪府議会過半数の4つの条件が満たされたときはじめて大阪都構想が実現するという構図だったからです。

     

     逆にいえば、上記4つのうち1つでも敗北すると大阪都構想は頓挫します。実際、大阪府議会と大阪市議会では過半数を取っていなかったため、W選挙前の状況は大阪都構想が頓挫し、二進も三進もいかない状況でした。

     

     もともと大阪都構想は、2015年5月17日に行われた大阪市在住の市民を対象にした住民投票は僅差で否決となったのですが、その後公明党から是々非々で協力を得て、なんとか大阪府議会、市議会で過半数を超える形で、大阪都構想をこれまで進めてきたのです。

     

     ところが公明党の協力が得られないということになり、公明党が首を縦に振らないため、都構想が頓挫してしまいました。これに業を煮やした大阪維新の会が、それならばW選挙をやって、大阪市長選、大阪府知事選、大阪市議会過半数、大阪府議会過半数の4つ全てをとるぞ!という大博打に出たというのが、今回の選挙だったのです。

     

     確かに、この大博打を全部勝利すれば、大阪都構想は前進します。そしてどれか一つでも落とせば、再び頓挫するという状況でもあったのです。テレビや新聞などのマスコミらは報道しませんが、大阪維新の会はクアドラブル選の完全勝利を目指していたものと思われます。

     

     実際結果は、4勝全勝とはならず、3勝1敗でした。確かに大阪府議会では過半数を取ったという意味では前進したともいえるのですが、完全に勝つことはできなかったため、結局大阪都構想は頓挫することになるでしょう。

     

     大阪維新の会サイドからみれば、むしろ状況は悪化した可能性ですらあります。なぜならば、今回大阪維新の会と公明党がガチンコで対立してしまいました。そのため、公明党は非常に態度を硬化させています。具体的には「こうなったら、維新の会と全面対決だ!国政選挙でも全面対決するぞ!」となる可能性が出てきたわけで、これまで是々非々で公明党の協力を得て過半数を作れる状況があったのですが、大阪市議会において過半数を作ることがますます困難になったという状況になることもあり得ます。

     

     そういう意味で今回の大博打のクアドラプル選は、一長一短の部分が大阪維新の会サイドにはあるものといえるでしょう。

     

     

     というわけで今日は「大阪W選挙で維新圧勝の影響について」と題して論説しました。

     大阪維新の会のW選挙の勝利の報道について、多くのマスコミが「これで大阪都構想が前進する!」と報道しているのですが、実際は状況があまり変わっていないというのが真実です。

     結局マスコミも「緊縮財政」「グローバリズム」「構造改革」という日本をダメにした3つ、そして大阪府をダメにした3つ、この3つをマスコミは礼賛している勢力であるため、W選挙の勝利の報道についても、大阪維新の会の大阪都構想が正しいかのような報道になってしまうのだと思います。

     私は東京都民ですが、大阪都構想には反対の立場です。大阪維新の会が大阪都構想をやろうとするその狙いは、カジノ誘致のため、大阪市の財源を大阪府の財源として吸い上げ、財源を確保しようとするものと思っております。二重行政が無駄というのは、全くの欺瞞です。また、そもそもカジノに経済効果があるか?もマクロ経済学的に疑問です。

     大阪都構想は残念ながら東京都と同じになるというものではなく、大阪市を解体して大阪市の税金を大阪府が吸い上げる改革であるという事実を知っていただき、議論をして欲しいものと改めて思うのです。

     

     

    〜関連記事〜

    再び”都構想”が争点となっている大阪の統一地方選挙について

    地方が疲弊している理由は、行政の仕組みが悪いからではなく、圧倒的に基礎インフラが不足しているからです!

    大阪府が凋落したのは大阪維新の会の緊縮財政が原因です!(大阪府の県内総生産が愛知県に抜かれた理由とは?)

    安倍首相の大阪都構想についての否定的な発言について

    欺瞞満載の大阪都構想


    コメント
    初めまして。愛読者です。
    私は神戸出身ですが(東京都在住)、大阪には親戚や友人が多いので、大阪の政治状況は常に気になっております。
    大阪の人たちは、維新の劇場型政治に翻弄されっぱなしと言う感じで、こんなに政治音痴がいたのかな…と呆れてしまってます。
    万博も時代遅れだし、カジノ誘致も時代遅れ。(マカオやアトランティックシティー、そしてラスベガスでもカジノは衰退傾向だそうですが…)
    大阪には負の遺産も多いし、何をやっても空回りって感じです。
    こうして、冷静な目線で大阪の事を語ってくださるのは大変有難いです。
    • 島道譲
    • 2019/04/16 1:40 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • 大阪W選挙で維新圧勝の影響について
      島道譲 (04/16)
    • 英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)
      永井津記夫 (12/07)
    • ハロウィーンは日本のお祭りとは違います!
      ユーロン (11/12)
    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM