イギリスのEU離脱交渉の合意案の正式決定で、反グローバルが加速するか?

0

    JUGEMテーマ:グローバル化

    JUGEMテーマ:イギリス

     

     今日はブレグジット(=Brexit イギリスのEU離脱)問題について取り上げたいと思います。

     

    下記は日本経済新聞の記事です。

    『日本経済新聞 2018/11/25 05:49 英・EU、離脱合意を正式決定へ  緊急首脳会議 「合意なし」回避を最優先、懸案は先送り

     【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)と英政府は25日、英国のEU離脱交渉の合意案を正式決定する。2019年3月の英離脱まで残り約4カ月。交渉決裂で「合意なし」のまま離脱に向かう最悪の事態はひとまず回避できる見通しだ。しかし、今後の英・EUの通商関係など離脱の核心部分は不透明なまま。英議会が合意案を否決するリスクは消えておらず、企業活動や国民生活が大混乱する無秩序な離脱の懸念も依然くすぶっている。 

     メイ英首相は24日夜、ブリュッセルのEU本部を訪ね、EUのユンケル欧州委員長、トゥスク大統領と相次いで会談。25日に開くEU緊急首脳会議を前に、最後の調整を進めた。英・EUは25日の首脳会議で(1)英離脱の条件などを定めた「離脱協定案」(2)離脱後の通商など将来関係の大枠を示す「政治宣言」――を二本柱とする離脱交渉合意案を正式決定する。

     協定案を巡っては、英領ジブラルタルの扱いを巡って領有権を主張しているスペインが不満を表明。正式合意へ最後の懸念材料となっていたが、同国のサンチェス首相が24日に「合意に達した」とし、協定案に賛成する考えを示した。懸案が解消したことを受け、EUのトゥスク大統領は24日夜、首脳会議を正式招集した。

     合意案は、交渉が決裂して「合意なし」で離脱する事態を回避するのを最優先し、難題を軒並み先送りした。離脱協定案では離脱後も20年末まで英国をEUの単一市場・関税同盟に残留させる「移行期間」を導入。さらに必要ならば最長2年、一回限りで延長を認めることも盛り込んだ。

     実質的な離脱を先送りした格好で、離脱でEUから国家の主権を取り戻すと訴えてきた英国の強硬離脱派からは「約束違反だ」と反発の声が広がる。移行期間中の英国はEUの法律やルールに従わなければならず、EUへの財政負担も求められる一方、EUの政策決定には口出しできない。

     英国とEUの離脱後の通商関係など「本丸」の交渉でも、本格的な議論は19年3月の離脱後に先送りした。「政治宣言」案は「包括的な自由貿易圏」を目指すとするなど、あいまいな表現に終始。自由貿易協定(FTA)を軸とする関係をめざすEUと、FTAより深い関係を築きたい英国の溝は開いたままだ。将来の通商関係は依然不透明で、英国では「目隠し離脱だ」との批判も根強い。

    離脱交渉が難航したアイルランド国境問題も決着を先送りした。英・EUは離脱後も英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドの間で「厳しい国境管理」を避けることで一致。移行期間が終わるまでに具体策が見つからなければ、英国全体をEU関税同盟に事実上残し、税関の復活などを避けることで合意した。

     関税同盟に残れば現状に近い形で物流が確保でき、厳しい国境管理をしなくて済む。しかし英国では、関税同盟への残留が長期化すれば、EU離脱が「名ばかり」になるとの反発が広がる。

     最長2年の延長を認めた移行期間が、22年に総選挙を控えた英国にとって新たな火種となる可能性もある。もともと与党・保守党の強硬離脱派はEUから早く離脱したいのが本音。2年間の延長になれば、次の総選挙でも英国はまだEUを完全離脱できていない状態になる。離脱を約束してきた強硬派らが選挙で逆風を受けるのは必至だ。

     英・EUが離脱合意案を正式決定すれば、次の焦点は英国議会での承認手続きに移る。EUとまとめた合意案か、それとも協定なしでの無秩序な離脱か。二者択一を迫るメイ英首相と強硬離脱派らとの攻防が本格化する。』

     

     

     上記記事は、イギリスのEU離脱暫定合意についてのニュースです。EUヨーロッパ連合からイギリスのEU離脱を巡って、イギリスとEU離脱条件に関する協定案が交渉実務者レベルで合意しました。

     

     直前にスペインが英領ジブラルタルの扱いを巡って強硬に反発するなど、EU側で足並みが乱れているなどとも報じられましたが、何とか協定案に署名しました。

     

     今後、EU離脱に向けて、イギリス議会での承認作業を行い、2019年3月末にはEU離脱。2020年12月末までに自由貿易協定などを交渉する流れとなります。

     

     イギリスのメイ首相が2017/01/17にEU離脱を表明してから、2年が経過しようとするところですが、離脱に向けて順調にこぎ付けたといえるでしょう。

     

     何しろ、頓挫する可能性もあったため、私はずっと注視していました。なぜならば、EU離脱ができなかった場合、EUの未来は全く変わってきます。今回、イギリスがEUから離脱したことによって、「あぁー!こうやればEUって離脱できるんだ!」と、EUから離脱したがっている他国の見本となるのです。

     

     もしイギリスが土壇場でEUから離脱できない場合、そうはならなかったでしょう。きちんと離脱するには、まだ時間がかかりますが、暫定合意でも何でも一旦離脱するという形が取れれば、一歩前進です。

     

     イギリスが本当に離脱できるか?について、私たち日本人は十分に見ておく必要があります。もし離脱できなかった場合、結局歴史を戻すことはできないということになり、EUは歴史的必然で、グローバルも同様に歴史的必然となってしまい、流れを変えられないということになってしまいます。

     

     ところがしっかり離脱ができるとなれば、EUは確立したものではないということで、グローバリズムも逆流することがあるということが実証されたこととなり、反グローバリズムが一気に加速する可能性があるものとみています。

     

     米国の中間選挙では、上院が共和党、下院が民主党となってねじれ状態になり、反グローバリズムの流れが、少しスローダウンした形となったわけですが、イギリスのEU離脱は、欧州で反グローバリズムの動きが加速する可能性が出るといえるでしょう。

     

     今回のイギリスが離脱する理由は、いろいろあるのですが、EUに加盟していると、法律を押し付けられ、自分たちが規制したい法律が自分たちで作れないことがあげられます。例えばギリシャ人がギリシャで取得した自動車運転免許で、イギリス国内で自動車を運転できます。これを規制したくても規制できません。

     

     いわば中国人が中国国内で取得した免許で、日本の道路を運転するということが可能ということです。日本は国際免許証取得制度がありますが、有効期間は1年と決まっています。EU管内では、自国でそうした規制をかけることができないのです。

     

     人の移動の自由では、現時点でイギリス国内で働くEU出身者が国外に強制送還されることはないと予想され、継続雇用にあたっては就労ビザ取得が必要となっていくことでしょう。さらにイギリス国外からのアクセスが自由でなくなることに加え、イギリス国内におけるイギリス以外の国々の企業は、リスボン条約第50条で各国各企業が定めた不測の事態に備える緊急対応プランによって、イギリス国内の雇用者を引き上げる動きも出てくるでしょう。

     

     この結果、人材市場において人手不足が発生することとなり、イギリス国内ではインフレギャップが発生することが確実です。

     

    <インフレギャップのイメージ>

     

     

     財政政策についても、EUに加盟している限り、マーストリヒト条約によって、財政赤字対GDP比率で3%以内と定められています。財政政策において、赤字額とGDPの比率が3%以内という3%に、学術的な根拠はありません。

     

     デフレで苦しんでいれば、3%なんて関係なく、「国債増刷」「財政出動」が必要であり、プライマリーバランスの赤字化の赤字額に、上限を設ける意味は全くありません。デフレ脱却できるまで赤字額を増やし、インフレになったら赤字額を削減もしくは黒字化させればいいだけの話。3%に学術的な根拠はないのです。

     

     

     というわけで今日はブレグジット(=Brexit イギリスのEU離脱)問題について取り上げました。

     私はEUは欠陥が多い制度であると認識しています。と同時に世界人類が豊かになるための方法として、グローバリズムは抑制されるべきであるということが、EUという仕組みの欠陥をみていると、よく理解ができるかと思います。

     そしてEUは歴史的必然でも何でもないことを実証していただきたく、イギリスがちゃんとEUから離脱できるのか?今後の推移を見守っていきたいと思います。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • 英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)
      永井津記夫 (12/07)
    • ハロウィーンは日本のお祭りとは違います!
      ユーロン (11/12)
    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM