台風21号と震度7の地震が襲った北海道には、公的資金でもなんでも入れるべきです!

0

    JUGEMテーマ:大震災後の復興支援

    JUGEMテーマ:天候、地震など

    JUGEMテーマ:年金/財政

    JUGEMテーマ:公共事業の経済効果

    JUGEMテーマ:経済成長

    JUGEMテーマ:電力自由化

     

     今日で震度7を観測した北海道地震から3週間が経過しようとしています。

     

     今年は夏の猛暑による熱中症、台風21号、西日本豪雨と、地球温暖化による影響もあると思われる自然災害が多く発生しました。中でも北海道は、台風21号で大被害があった後に、震度7の地震ということで、北海道電力の苫東厚真火力発電所の停電による悪影響が今もなお続いています。

     

     千葉でサンマが豊漁となりましたが、昨年まで全然取れなかったサンマが今年は北海道でも豊漁でした。ところが3週間前の地震によって、北海道内で大規模停電(ブラックアウト)が発生し、電気がストップすれば、冷蔵施設も使えないということで、市場や小売業でサンマを並べることができず、かなりの被害が出てました。その豊漁だったサンマは、地震の直前から漁獲が激減し、築地市場北海道産サンマは卸売価格が2.5倍超にまで跳ね上がりました。

     

     JAとまこまい広域では、じゃがいものコンテナが地震でめちゃくちゃとなり、片づけに追われるなどして、東京の大田市場では北海道産じゃがいも、にんじん、たまねぎの出荷量が地震の直前と比べて2〜4割も減少しています。

     

     こうした中、2週間が経過した先週、北海道電力苫東厚真火力発電所1号機が、ようやく再稼働しました。1号機の再稼働によって北海道電力の供給力391万キロワットに回復し、地震の前日のピーク需要を上回ったため、経済産業省は特別な節電は不要となったとして、節電は解除されました。

     

     その北海道電力は、2018/09/06未明の地震の後、大規模停電(ブラックアウト)を防ぐために、一部地域を強制的に停電させて電力の需要を減らす措置を3回試みたことがわかっています。

     

     とにかく北海道経済は大打撃です。1次産業、2次産業、3次産業もすべて大打撃です。北海道で罹災に遭われた方々は、電気がインフラの中のインフラで、現代文明に必要不可欠かつ社会的基盤に必須のインフラであることを、骨に染みて理解されたと思います。

     

     ところが日本政府としては、インフラの中のインフラである電力について、供給体制を脆弱なまま放置していたといえます。むしろ脆弱な供給体制だったのをさらに脆弱化させる発送電分離を推進しようとしています。

     

     電力の供給体制を強靭化するためには、どう考えても発電と送電を一体化して国家が一括管理するというのが強靭化の方向ではないでしょうか?

     

     そのためには発送電分離は、やってはいけないことなのですが、国会議員や国民からそうした声が出ないということに、私は失望します。

     

     自由化がすべて正しいということはありません。規制緩和がすべて正しいということはありません。特に公共性が高い分野においては、むしろ規制が必要で、政府の関与は大きくなければ供給体制を強化できません。無駄を削減して効率化させるために民営化という発想は、一見正しく思えますが、無駄があって遊びがあればこそ、いざという時の大災害でも強靭に供給することができるのです。

     

     無駄や遊びがあるということは、民間企業では、なかなか許されません。利益追求の株式会社組織では利益が優先され、安全保障の強化・強靭化ということにお金を使うというインセンティブは、どうしても弱くならざるを得ないのです。

     

     いかに今まで政府が自由化を進めてきたとしても、今回の事故を踏まえて反省して政策転換しないとすれば、誠に遺憾としか言いようがありません。

     

     下記は産経新聞の記事です。

    『産経新聞 2018/09/15 20:12 観光の損失、292億円 宿泊キャンセル94万人

     北海道は15日、最大震度7の地震が発生した6日以降、道内の宿泊施設の予約をキャンセルしたのは延べ94万2千人で、飲食などを含む観光全体の損失額は推計約292億円に上るとの集計を発表した。

     昨年度、北海道を訪れた観光客は過去最高の5610万人で、うち宿泊客は1883万人。外国人観光客も多く、地震の影響が長引けば国や道が進めるインバウンド施策にも影を落としそうだ。

     道が15日までにまとめた集計によると、ホテルや旅館などの宿泊施設のほか、テーマパークなどの観光施設では6万9千人、フェリー・遊覧船は2万2千人、観光バスでは4千台のキャンセルが出た。』

     

     北海道は厚真町と知床で300僧イ譴討り、電力は復旧したものの、上記の産経新聞の記事の通り、観光のキャンセルが相次いでいます。9/6〜9/15の間で、292億円の損失額という試算です。

     

     北海道民の方々が、それだけ所得を失ったということ。北海道電力にしてみたら、仕方がないかもしれませんが、国家として仕方がないというわけにはいかないでしょう。政府として国民の財産を守ることができなかったわけで、本来であれば北海道民の方々は、政府に対して損害賠償請求をしてもいい話です。

     

     下記の写真は、9/19に運行が再開した北海道の貨物列車13両の「ジャガイモ列車」の写真です。

    (出典:NHKニュースウェブから)

     

     国内最大のジャガイモの産地の十勝地方では、本州にジャガイモを運ぶ専用の臨時列車、通称「ジャガイモ列車」というのがあります。この「ジャガイモ列車」は臨時貨物列車なのですが毎年運行され、十勝地方で採れたジャガイモを大量に本州に運んでいるのです。

     北海道地震の後、線路にゆがみが見つかったため、運行が延期されていたのですが、線路の復旧が完了して、9/19から運航が始まりました。青函トンネルを経由して埼玉県内の駅に到着し、ポテトチップスに加工するためにトラックに積み替えられ、首都圏各地の工場に運ばれるのです。

     

     こうした鉄道路線でいえば、JR北海道は厳しい状況に置かれています。JR東海やJR東日本と異なり、相対的にドル箱路線がないために路線を維持するにしても経営環境が厳しいのです。そのため、どんどん路線が撤退するともいわれています。

     

     ただでさえ北海道経済は疲弊しており、そうした中での台風21号と北海道地震の発生です。日本政府は北海道の復興を真剣に考えていただきたい。具体的には公的資金の投入やJR北海道の国有化で社員の公務員化のみならず、公務員自体を増員する、政府支出によるインフラ整備の支出を増額するなど、その財源は建設国債を発行すればいいだけの話。国債不足でマイナス金利になっている状態であるため、タダ同然で政府はお金を借りられます。建設国債を大量に発行すれば、国債不足も解消し、銀行のバランスシートを毀損し続ける状況もストップできるでしょう。

     

     

     というわけで今日は「台風21号と震度7の地震が襲った北海道には、公的資金でもなんでも入れるべきです!」と題し、論説しました。

     

    〜関連記事〜

    JR北海道は再国有化してもよいのでは?(進行している日本の発展途上国化の縮図か?)

    無駄を省くために民営化という欺瞞が引き起こした北海道電力ブラックアウトと関西空港閉鎖

    脆弱な北海道のエネルギー供給体制について


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • 英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)
      永井津記夫 (12/07)
    • ハロウィーンは日本のお祭りとは違います!
      ユーロン (11/12)
    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM