林業は、自由貿易の犠牲になった業者の一つです!

0

    JUGEMテーマ:経済全般

    JUGEMテーマ:きこり

    JUGEMテーマ:通商政策

     

     今日は日本の林業について述べたいと思います。林業と深い関係がある産業として真っ先に思い浮かぶのは住宅建設業です。近年は首都圏を中心に鉄骨造やRC造がほとんどとなっていますが、木造住宅こそ、日本の文化を受け継ぐ重要な建築物の一つと言っていいでしょう。もちろん鉄骨造、RC造の建物でも、中に入れば内装は木造を使っているという建物も多くあります。

     

     その住宅建設業に関連して、一般社団法人日本建築構造技術者協会というのがありまして、今日は、そのホームページのコラムの記事をご紹介し、意見したいと思います。

     

    『日本の林業と木造住宅 山辺豊彦(資格問題ワーキンググループ主査)

     

     わが国は緑の多い国です。森林面積は国土の67%もあり、世界でもトップレベルの森の国と言っても良いと思います。
    ただ、この森の国にも大きな問題があります。太平洋戦争で荒廃した国土を元に戻そうと盛んに植林が行なわれ、何処も彼処も杉林だらけになりました。森林全体の4割が人工林であり、自然の森のような自活力が無い森ですので、人間が手を貸してやらなければならないのですが、とても十分な管理がなされているとは言いがたい状況にあるのです。

     

     日本の住宅は木造住宅が今でも過半を占めますし、コンクリート造や鐵骨造の家でも、一歩家の中に入ると、居間も廊下も何処も彼処も木の雰囲気で一杯です。こんなに木が使われるのですから、国産木材がどんどん活用されれば問題は無いのですが、外国産の木材が多く使われており、国産材のしめる割合はほんのわずかなものです。日本の木の成長具合に比べ、東南アジアやアメリカではずっと早く成長しますし、それを加工したりする費用も人件費も安い分だけ、輸送費を考えても日本で作るよりもずっと安いというのが主な理由です。

     

     このように外材にとって代わられると、日本の森林経営が立ちいかなくなり、いままで森を守り育ててきた人たちがやむなく山村を去らざるを得なくなり、その結果、森林はさらに荒廃するという悪循環に陥ってしまいかねません。    

     木々がなくなり禿山になると、森の保水力が低下するので、雨が降ると一気に水が川を下ってしまい、雨が降らないと川はからから状態が続くことになり、町への水の定常供給も危うくなってしまいます。また、禿山ともなれば、単に土埃に悩まされて洗濯物も干せないと言うだけでなく、がけ崩れや鉄砲水・雪崩などが起きやすくなり、町全体が自然災害の危機にさらされるという事態にもなりかねません。しかも、木を使わなくなったのではなく、外材を輸入し続けるわけですから「日本は世界の緑を消滅させ、地球環境破壊に加担している」と言われそうです。

    と言うわけで、このまま外材頼りでいくと、何か未来のない暗い暗い世界に入っていくのではないかと心配です。

     

     国土や地球環境保護の見地からみると、“国産材の優先活用”は私たち国民すべてに課せられた「社会的使命」と受け止めるべきではないでしょうか。

     

     つい先ごろ、木造建築を設計する機会に恵まれ、ぜひ地域に根ざした材料をおおいに使って、と、国産材活用に取り組んでみました。コストを考えると間伐材の活用しか出来ない事がわかりましたし、材のばらつきが大きくて品質確保が大問題である事もわかりました。又、均質なものをある一定量確保するのも難しいですし、仕口部のディテールも多種多様である事もわかりました。
    鉄やコンクリートなどの材料と比べ、木材が建築材料として使いにくい面が多々あることを感じました。

     

     その反面、生産者の方々が下枝取りをはじめとした大変な苦労をされて、山や木を育て、伐採して調達してくださっていることも、加工業者の方々は、整備されていない工場の貧しい機械設備で加工して出荷されておられることもわかりました

     

      長い歴史をもつ、日本の林業は、今、あらゆる面で機能不全に陥っているということができます。「品質、量、価格の安定」という、本来、素材供給産業が果たすべき役割が果たせ無くなりつつあります。
     この瀕死の日本林業を再建し、外材に対する競争力をつけていくためには、多くの課題を解決していく必要があります。問題の根は深く多岐に渡るので、川上(山側)の木の生産者と、川下(町側)の木の消費者との協力が欠かせません。
    山側(生産者)と町側(消費者)が連携し、地域ネットワークを組んで「“国産材活用”による家づくり運動」が行なわれています。まだ町おこし運動に近い状況ですが、このネットワークを全国的に展開し、社会的な広がりを持った大きな流れになってほしいと思っています。

     

     木材は我々日本人の心に染み付いた建築材料です。使いづらい点があれば改善して使っていけばいいのです。誰もが国産材に目を向けてくれるようアピールする事も大事でしょうが、国産材でも外材でも木は木ですから、国産材が外材に比べて安く、良質で、使い易くなければなりません。
    新しい品質基準をつくり、誰でもが使えるよう設計施工に関する基準類が整備される事が望まれます。伐採制度も確立しなければなりません。森林を持っている人が森林を管理していないケースが多いので、所有者に代わって地域の森林を運営していく仕組みを考える必要もあります。伐採から加工・流通までを一体として考えていくことで、コスト削減・合理化・体力増強を図る必要もあります。今までのように個々の会社がばらばらに活動するのではなく、「日本全体が外国に対抗できる社会システムの構築」に向けて踏み出すべき段階に来ているように思われます。(後略)』

     

     

     上記の記事の通り、林業は瀕死の状態となっています。記事にある日本の森林率の67%という数字を見て、皆様はどうお考えでしょうか?

     実に国土の2/3が森林ということになります。安倍政権のアベノミクス第二の矢で掲げた国土強靭化の国土とは何か?といえば、森林が該当するといってもいい状態です。森林をしっかり保全するということが国土強靭化につながるともいえます。

     

     その視点で林業をみますと、山辺さんのコメントは悲鳴に思えてきます。斜陽産業という状況を越えているひどい状況といえます。

     

     もともと林業従事者というのは、戦後がピークでした。一時的にピーク時に労働者が多過ぎたという状況はあったかもしれませんが、定量的にはピーク時の10分の一となり、90%が他産業にいってしまいました。

     

     それだけではありません。高齢化率も過去10年で急激に上昇しており、通常の高齢化率よりも3倍〜4倍のスピードで高齢化が進んでいます。若い人が林業の仕事をしないのです。

     

     近年では山が疲弊しているといわれ、誰も手入れをしておらず、間伐をしない山があるといわれています。そうした山では洪水が起きやすく、土砂崩れも起きやすいのです。このような災害から身を守るためには、林業を復活させるしかないのですが、実情はほったらかしに近い状況です。

     

     コラムの記事を書いておられる山辺さんの仰る通り、急速に日本の国土が病んでいるという状態です。

     

     なぜ放置されているのか?といえば、木材価格が低迷しているからです。

     

    <日本の木材価格の推移>

    (出典:林野庁のホームページから)

     

     上記資料の通りですが、ヒノキ中丸太、スギ中丸太、カラマツ中丸太は1980年がピーク、ヒノキ正角(乾燥材)、スギ正角(乾燥材)は1998年がピークとなっています。

     特にヒノキ中丸太は、屬△燭76,400円→17,600円と4分の1程度、スギ中丸太は、屬△燭39,600円→12,700円と3分の1程度と、大変な値崩れで価格が落ち込んでいます。これは林業が儲からないということです。

     

     林業が儲からなくなった原因としては、東南アジアの安い木材、チーク材などを大量に輸入していることが原因です。自給率が90%ぐらいあった昔の頃は、輸入はほとんどありませんでした。もともとそうやって輸入木材に頼らず、日本国は成り立っていたのです。

     

     日本の建築資材というより昔の日本の家屋は木と紙からできていたわけで、全部森林から取れるものでした。そのため、働く人もたくさんいて、日本の木を使って家を建てて暮らしていました。

     

     戦後急速に海外産の安い木材が入ってきたため、価格競争となって林業が儲からなくなったため、離職しているという構造があるわけです。

     

     山辺さんは「日本全体が外国に対抗できる社会システムの構築」が必要と訴えておられますが、自由貿易で関税なしでは不可能と言っていいでしょう。私は、森林保全・林業保全・国土保全のために、海外の木材に対して関税をかけるべきではないか?と思うのです。

     

     戦後の日本は経済合理至上主義で、中長期的に国益を考えず、とにかく儲かればいいということで、自由競争を是として、儲かりにくい安全保障にかかわる産業にまで関税を掛けず、自由競争の晒らしてきました。これでは価格が下がって儲かりにくくなって離職率が増大し、林業がダメになっていくのは誰が考えても当たり前です。

     

     木というのは間伐するという手入れが必要なのですが、理由は太陽の陽が当たらなくなったりして森林が保全できなくなるからです。私たちが地方の山々をみるときに、目で見ている森林はほとんど戦後植林されたものです。本当の自然林は北海道くらいです。本州の山々はほとんど林業の方が植えていってくださったものです。

     

     山辺さんのコラムにある通り、戦後直後、日本は森林政策に力を入れました。その結果、森林量は、ものすごく増えました。30年〜40年かかって出来上がったころに、安くなって売っても生活ができないから刈り取るのやめたということであり、めちゃくちゃであるといえます。

     

     今後、林業を活性化するためには、先ほど申し上げた通り、関税が一つ重要なポイントとして挙げられます。

     

     二つ目は森林の国内需要を増やしていくことです。もちろんRC造が増えていて、木材需要は減少していますが、森林の国内需要を増やすことを通じて、自給率が30%くらいまで減少しているのを、政府は50%にまで引き上げようとしています。過去数年間で少し改善してきているのですが、理由はCLTという間伐材を使って家を建てるという建築資材の技術開発があったからです。CLTはクロスラミネートティンバーの略で、中高層の建物にも使われています。

     

     安倍政権の第二の矢である国土強靭化政策の中で、強力に推進されたものでした。国土強靭化が始まったころは、CLTを取り扱う業者は2社程度だったのですが、今ではかなり業者が増えています。

     

     CLTの普及で間伐材を使い始めて捨てる物を安く使うことで、木材マーケットが一定程度持ち直していますが、それでもまだ目標まで到達していないというのが現状です。

     

     こうした技術開発はさらに続けることも重要ですし、できれば関税を高くするべきではないか?と思います。

     

     

     というわけで、今日は林業が瀕死の状態に陥っている惨状と、その解決策を論説しました。「リカードの比較優位論」でも自由貿易について取り上げましたが、自由貿易を是とする人々からすれば、儲からない木材に従事する人々が悪く、自己責任と考える人もいるでしょう。

     それは安全保障や国家の国力強化を理解していない人々です。儲かりにくいものこそ、国家が積極的に関与していく必要があり、具体的には財政出動すべきだと考えます。ところがプライマリーバランス黒字化があると、仮に林野政策に財政出動した場合は、他を削減するか増税という話になってしまいまして、他の産業が疲弊するか、増税で消費全体が落ち込んで全産業が疲弊するかということになるでしょう。

     自由貿易の犠牲となった産業は、いろいろとありますが、特に林業は安全保障にかかわる重要な業種ですので、まずは関税をかけることから検討してもよいのでは?と思った次第です。関税をかけたうえで政府支出によって木材需要の創出と、技術開発に力を入れていくことで、林業が復活するものと、私は思うのであります。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM