マイナス金利とは?

0

    JUGEMテーマ:経済全般

     

     今日はマイナス金利について述べます。

     

     マイナス金利というのを初めて聞いたとき、皆さんはどう思われたでしょうか?銀行からお金を借りたら利息がもらえるの?など、いろんな声があったかと思います。

     

     マイナス金利のマイナスとは、何がマイナスなのか?準備預金の積み立てを義務付けられている金融機関のことをバンクといいます。

     

     バンク以外の金融機関は準備預金の積み立てを義務付けられておりません。例えば、消費者金融や商工ローン業者や生命保険会社・損害保険会社やリース会社は、準備預金の積み立ては不要です。

     バンク以外のこうした金融機関をノンバンクと呼んだりもするのですが、ノンバンクは準備預金の積み立ては不要です。そもそも義務付けられていません。

     

     では、なぜバンクは準備預金を義務付けられているのか?

     

     理由は簡単で、バンクはお金が手元になくても、「貸付金」と記帳するだけでお金を貸せるからです。これは銀行員でも誤解している人が居ます。銀行は、ノンバンク?バンク?でいえば、バンクに該当するわけですが、銀行は「貸付金」と記帳するだけで、いくらでも貸すことが可能です。

     

     逆にノンバンクが資金を貸し付ける場合は、記帳するだけでお金を貸すことは不可能です。消費者金融や商工ローンが資金を貸し出す際は、銀行から低利で資金を調達したり、上場しているのであれば株式を発行して資金を調達したうえで、その調達した資金に金利を乗せて貸し出します。

     リース会社もノンバンクですが、コピー機のリースであれば、リース会社が資金を調達してコピー機を購入し、コピー機の使用権の提供を通じてリース会社が調達した資金に金利を乗せて、リースで借りる人から金利を請求します。

     保険会社もまたノンバンクでして、住宅ローンや企業への貸し付けをやっていますが、これも保険料という名目で資金を調達し、利息を付けて貸し出しします。

     

     このようにノンバンクは、外部からお金を調達して貸し出しをするのですが、バンクは外部からお金を調達して貸し出すといのではなく、通帳に「貸付金3,000万円」と記帳するだけで、3,000万円貸し出すことができるのです。

     

     バンクは基本的に「貸付金」と記帳するだけで貸せることから、基本的には、いくらでもお金を貸し出せます。そのため貸付金をすればするほど、経済のパイが大きくなります。この一連のバンクが行うことを「信用創造」といいます。これは資本主義の基本です。借金は決して悪ではありません。借金を悪とすることは資本主義の否定です。

     

     私はバンクがいくらでも貸せると説明しました。この”いくらでも”は、若干語弊がありますが、それが準備預金と関係しています。銀行は日本銀行に口座を持っています。この銀行口座のことを日銀当座預金といっています。この日銀当座預金には通常は利息が付きません。そのため、銀行は日銀当座預金にお金を預けても利息を得られない分、損をします。

     

     一方で「貸付金」と記帳するだけでお金を貸せてしまうと、銀行は無尽蔵にいくらでも貸せてしまうことになるため、準備預金として、日銀当座預金に5%預けてくださいと規制することが可能です。そしてこの5%という数値は、日銀が操作して上下することができます。5%→10%とすれば、金融引締め政策ですし、5%→3%とすれば、金融緩和策になります。こうしてバンクに対して、日銀当座預金への預け入れを義務付けることで貸し出しを規制し、規制をより引き締めたり緩和したりということをやっています。

     

     前者の5%→10%でいえば、例えば住宅ローン3000万円貸し付けるために150万円の準備預金を日銀当座預金に預ければよかったのが、300万円の準備預金を預けなければなりません。これは銀行サイドとしては無利息の日銀当座預金に多く預けなければならなくなったということであり、お金を貸しにくくなります。準備率を5%→10%とすることは、金融引締め策になります。

     

     一方で後者の5%→3%でいえば、例えば住宅ローン3000万円貸し付けるために150万円の準備預金を日銀当座預金に預ければよかったのですが、90万円の準備預金で済むことになります。これは銀行サイドとしては無利息の日銀当座預金に少なく預ければよくなったということになり、お金を貸し出ししやすくなるのです。準備率を5%→3%とすることは、金融緩和策になります。

     

     上述の銀行が貸し出す際に義務付けられる日銀当座預金への準備預金の準備率を操作することを準備率操作といい、金融政策の一つです。

     

     ところで、長期間デフレに悩む日本では、企業はお金を借りません。個人もお金を借りません。物・サービスの値段を下げないと売れないという状況では、お金を借りてビジネスしても借入金が返せなくなってしまう可能性があるからです。個人も雇用が不安で収入の伸びが見込まれないとなれば、お金を返せなくなる可能性があるため、家を買う、車を買うを控えがちになります。デフレ環境におけるこうした行動は、企業経営、家計においては極めて合理的です。

     

     そこに金融緩和で、日銀が銀行の国債を買い、日銀当座預金を増やしました。いわゆるアベノミクス第一の矢の金融緩和政策です。日銀が銀行から国債を買い、銀行に日銀当座預金の残高を増やすことを、買いオペレーションによる通貨発行ということもできます。

     

     この買いオペレーションによる通貨発行で、日銀当座預金の残高は増えました。いわゆるマネタリーベースの拡大です。その一方で貸し出しといった市中への貨幣量は増えません。なぜならば、お金を借りる人が少ないから。市中に出回っている貨幣量をマネーストックともいいますが、マネタリーベースを増やしたからといって、マネーストックが増えるとは必ずしも言い切れません。デフレのときはマネタリーベースをどれだけ増やしても、需要がない限り企業はお金を借りないからです。

     

     そんなわけで、安倍政権のアベノミクスの第一の矢の金融緩和策の結果、日銀当座預金の残高がものすごい増加しています。さきほど、日銀当座預金には通常は利息が付かないと説明しましたが、実際は2009年のリーマンショック時に、金融危機対策として、日銀当座預金に0.1%の金利が付くことになりました。麻生政権のときに始まった政策ですが、これは金融を安定化させるために銀行を救済している政策ともいえます。

     具体的にいえば、銀行の日銀当座預金は250兆ほどあり、0.1%の金利で2500億円相当になります。表題のマイナス金利とは何か?といえば、この250兆円を超えた部分について、日銀は銀行に0.1%の金利を払わず、マイナスの金利にするということなのです。

     

     日銀の立場からすれば、もうこれ以上日銀当座預金に預けないで欲しいということでもあります。何しろ日銀当座預金の額が増えれば、0.1%の利息を付けざるを得ないからです。銀行からみれば、日銀に国債を買い取ってもらって日銀当座預金を増やしています。日銀としては、銀行は増えた日銀当座預金を、もっと民間や家計に対して積極的に貸し出しを増やしてくださいということで銀行が貸し出しをしやすい環境を整えているわけです。

     

     日銀がいくら貸し出ししやすい環境を整えたとしても、物・サービスが値下げしなくても売れるという状況で名目な需要と実需の両方が十分にある状況でなければ、企業はお金を借りることはないでしょう。その証拠に企業は借入金を返済して自己資本増強に励み、預金残高を増やしたり、オフバランス金融商品(生命保険の逓増定期保険や長期平準定期保険、オペレーティングリースなど)を活用して内部留保を増やしています。安倍政権が誕生してから内部留保は200兆円→250兆円と、50兆円も増えているのは、ある意味、デフレを放置してきた結果ともいえます。

     

    <非金融法人の現預金額の推移>

    (出典:日銀の資金統計循環)

     

     いかがでしょうか?内部留保が200兆円前後だったものが、安倍政権誕生以来、急激に増加していることが、グラフでよくわかるかと思います。安倍政権はデフレを放置するどころか、緊縮財政で需要削減をしています。にもかかわらずGDPが減少しないのは、高齢化の進行で医療・介護費という需要が日本経済を支えているからです。その医療・介護費でさえ、財務省は削減しようとしています。多くの国民も、将来世代に借金を残すのはよくないとして、医療・介護費の削減には目をつぶり、高齢者はガマンを強いられています。本来は、その必要はありません。増える需要に対して、マイナス金利でタダで借りられるも同然の資金を政府が借りて、増える需要に対して、一人当たりの生産性向上により需要を満たすことができれば、一人当たり賃金が増えて豊かになれます。

     

     

     というわけで、今日はマイナス金利について説明しました。なぜ日銀がマイナス金利政策を実施したか?金融緩和をやっても、資金需要が乏しく、銀行に対して、融資を積極的にやって欲しいとのメッセージでもあります。そうはいっても、物・サービスが値段を下げないと売れにくいデフレの状況では、ビジネスがうまくいかない可能性が高く、お金を借りるどころか、既存の事業の先行きも不安視することから、借金を返済する企業も増えます。結局、金融緩和だけやっても、マイナス金利にしたところで、需要がないかぎり、お金を借りようとはしないということです。

     むしろ、財政出動をせずデフレを放置し、マイナス金利を続ければ、銀行のバランスシートを痛めつづけることになるでしょう。これを回避するためには、日銀が市中の銀行から国債を買い取るというのではなく、国債を増刷して銀行に買ってもらう。貸し出しが伸び悩む銀行は国債を喉から手が出るほど欲しい状態です。借りる側からみれば、めちゃくちゃ低金利でお金を借りられます。その低金利で借りられるお金を政府が借り入れ、そのお金で政府が需要を創出して民間投資を誘発させるといった流れにしていく。早期に上述の政策を実行していただきたい。だからこそ、私は「国債増刷」と「財政出動」を速やかに行うべきであると声高に訴えているのです。

     

    〜関連記事〜

    「国民の金融資産を政府の負債が超えると破綻する!」は本当か?


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    selected entries

    recent comment

    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM