デフレが貨幣現象であるとする「貨幣」って、「マネタリーベース」OR「マネーストック」どっち?

0

    JUGEMテーマ:経済全般

     

     今日は、デフレが貨幣現象であると主張する人々が、貨幣=マネタリーベースなのか?マネーストックなのか?どちらを差しているか不明ということで、改めてデフレについて意見したいと思います。

     

     私は、デフレ・インフレは需要過不足説であると言い続けています。ところが経済学者や内閣府などの政治家、あるいは岩田日銀副総裁を含む日銀職員、エコノミスト・アナリスト、そうした人々の多くは、デフレ・インフレが貨幣現象説であると思っているのです。

     

     デフレは貨幣現象ではありません。そもそも、この貨幣現象の貨幣というのは、マネタリーベースなのか?マネーストックなのか?果たしでどちらを差しているのでしょうか?

     私は今まで、デフレは貨幣現象であると主張している人の中で、定義を明確にして発言をしている人を見たことがありませんし、論説も見たことがありません。

     ただなんとなく、お金を発行すればインフレになる、お金の発行量が少ないからデフレになっていると思い込み、発言をしているように思えます。

     マネーストックとマネタリーベースとマネーストックの違いは、端的に言えば下記の通りです。

     

    <マネーストック>

    預金・当座預金・普通預金・定期預金・貸付金など、世に出回っているお金

     

    <マネタリーベース>

    上記に加え、日銀当座預金を含めたお金

     

    そして、マネーストック÷マネタリーベース=マネーストック/マネタリーベース=貨幣乗数です。

     

     

     日銀当座預金は、銀行などの金融機関しか開設ができない口座です。一般人や企業は日銀当座預金の口座開設をすることはできません。銀行の場合は法定準備預金制度の下、銀行間決済口座として日銀が定める法定準備率にしたがって、日銀当座預金への預け入れが義務付けられています。

     

     さて、アベノミクスの第一の矢の日銀の金融緩和は、日銀当座預金を増やす形で、即ちデジタル的に日銀当座預金の残高を増やし、代わりに国債を買い取るという方法で、通貨発行をしているという方法です。日銀当座預金の残高がどれだけ増えても、民間がデフレで物・サービスの値段を下げなければ儲かりにくい、雇用が不安定で住宅ローン・自動車ローンが組めないとなれば、銀行の貸付が増えることはありません。

     

     「日銀当座預金が増えても、銀行の貸出が増えない」という事象は、マネタリーベースは増えるが、マネーストックは増えないということになります。また「日銀当座預金が増えて、銀行の貸出が増えた」という事象は、マネタリーベースが増え、マネーストックが増えたとなります。

     

     

    下記は、マネーストック、マネタリーベース、貨幣乗数をグラフにしたものです。

     

     先日のリフレ理論もそうですが、日銀の岩田規久男副総裁は、「マネタリーベースを増やせば、マネーストックが増える」と主張されていました。とはいえ、そもそもマネタリーベースを増やしたからと言って、現実的には貸し出しは増えていないのです。

     理由は、デフレは貨幣現象ではなく、需要不足現象であるため、需要不足である以上、物・サービスを供給したとしても、「値下げしなければ売れない」「個数・回数を少なく買われる」が同時進行するため、儲かりにくい環境であるということでお金を借りてまでして投資をしようと思わないのです。

     結果、マネタリーベースを増やしたとしても、インフレ状態(需要が供給よりも超過している現象)でなければ、マネーストックが増えるはずがありません。「マネタリーベースを増やせば、マネーストックが増える」の発言の根底は、デフレ・インフレについて正しく理解していない、即ち貨幣現象であるという主張は間違いなのです。

     

     というわけで、デフレが貨幣現象であるということを支持する論説者の人には、そもそも貨幣現象の貨幣が、マネーストックを指すのか?マネタリーベースを指すのか?説明してもらいたいものです。私は、このブログで何回も主張していますが、デフレ・インフレは貨幣現象ではありません。お金をいくら増やしても、増やしたお金を川原で燃やしてしまえば、物・サービスとお金の交換にならないため、物価に影響しないのです。改めて国民もデフレ・インフレに対する正しい知識を持つ必要があるものと思っております。そうすることで、政治家も正しい知識を持つこととなり、正しい政策が打たれるようになると思うのであります。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • 安定電源に全く役にも立たない再生可能エネルギーが買取から入札へ!
      正論太郎01 (07/01)
    • 大阪W選挙で維新圧勝の影響について
      島道譲 (04/16)
    • 英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)
      永井津記夫 (12/07)
    • ハロウィーンは日本のお祭りとは違います!
      ユーロン (11/12)
    • オプジーボが医療財政の大きな負担であるため保険の適用外にしたいと思っている財務省
      SSST. (10/13)
    • サムスン電子について
      故人凍死家 (09/26)
    • 財務省の役人は、なぜ緊縮財政なのか?
      吉住公洋 (09/26)
    • 生乳流通改革という欺瞞と、イギリスのミルク・マーケティング・ボード
      富山の大学生 (06/05)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      師子乃 (10/02)
    • オランダ人の物理学者、ヘイケ・カメルリング・オネス
      mikky (12/01)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM