明治時代の日本人の努力と英語公用語化論

0

    JUGEMテーマ:「幼児」と「英語教育」(「早期教育」「早期英語教育」などについて)

    JUGEMテーマ:外国語学習

     

     今日は「明治時代の日本人の努力と英語公用語化論」と題して英語教育について論説します。

     

     昨今では英語教育の早期化が叫ばれ、今まで読み・書きで大学受験をしていたものが、読み・書きの他に、聞く・話すを加えた全4技能を満たす必要があるとして、英語教育が大きく変わっています。

     

     既に小学校から教科化され、今後は英語に割く学習時間が増えていくだろうと考えられます。

     

     実は英語を重視していくというこの考え方は、明治維新で開国をした頃にも、日本語では世界に伍していけないので教育は英語でやるべきでは?という英語公用語化論というものがありました。

     

     ところが明治時代の日本人は、英語を公用語化しませんでした。

     

     明治時代の当時、日本語では付いていけず、英語にすべきだという気持ちが理解できなくもありません。

     

     なぜならばその頃、海外から入ってくるいろんな言葉に、日本語が繋がっていなかったからです。

     

     例えばeconomyという言葉をどう翻訳するか?

     

     私はよく経世済民=世を経め民を済う(よをおさめ、たみをすくう)という言葉を使っていますが、これこそeconomyという語彙を福沢諭吉が翻訳したものです。

     

     ”経済”の経世済民に限らず、”哲学(philosophy)”という言葉についても、そもそも言葉は言うまでもなく、概念すら日本には存在しませんでした。

     

     日本語に概念すらないものを勉強し、欧米列強と伍していくにくは、これは相当大変な努力が必要となります。

     

     そのため、当時の明治の人が、英語で教育しなければ先進国入りできないと危機感を持ち、英語公用語化論が出てきたとしても、ある意味で当然の帰結だったともいえます。

     

     しかしながら明治の人は、英語を公用語化せず、全ての言葉を日本語に翻訳していきました。

     

     その結果、日本人は日本語で勉強できるようになりました。

     

     これはすごい努力だったといえるものと思います。

     

     だからこそ私たち日本人は、日本語しか勉強をしていなかったとしても、今でも一応は世界で最高レベルの先進国であり、世界最高レベルの学問を日本語で、日本に居ながら勉強することができるのです。

     

     この環境を作ってくれた明治の先人には、私たちは感謝をしなければならないと思います。

     

     例えばベトナムのように発展途上国では、ベトナム語で難しい医学の書物や化学の書物がないので、英語を学ばざるを得ませんが、日本では日本に居ながら、難しい医学や数学や化学も学べます。

     

     発展途上国では英語を学ばざるを得ないというのは、母国語で難しい文献がないため、英語の文献でそれを学ばざるを得ないという環境があるのです。

     

     このように明治時代に一度、英語公用語化論によって日本語の危機というのがありましたが、過去の歴史を遡りますともう1回その危機が訪れています。

     

     それは第二次世界大戦の敗戦直後の日本です。

     

     具体的には日本語を廃止すべきだなどと志賀直哉のような文化人が、このような日本語を使っているからバカな戦争をしたということで、敗戦直後にも日本語の危機が訪れたのです。

     

     米国人にとって、GHQの占領政策の中では、日本語など理解できないため、支配するためには彼らにとっての母国語の英語を話せるようにさせることは、一番支配がしやすく、日本語を廃止して英語を公用語化するという議論が当時もありました。

     

     読者の皆さんも常用漢字という言葉を聞いたことがあると思います。

     

     日常使う漢字というのは、戦後の日本語廃止論の中で、漢字を使う量を制限しようという考えがあり、当時は当用漢字ともいいましたが、漢字を使う量が制限されて今日に至っているというのが実態です。

     

     このように英語公用語化論や日本語廃止論を乗り越えて、今日の日本では日本語が中心で教育が行われてきました。

     

     しかしながら昨今では英語化の波が非常に強くなってきています。

     

    <英語支配の序列構造>

    (出典:津田幸男著書「英語支配と言葉の平等」から引用)

     

     上図は津田幸男氏による英語支配の序列構造という概念です。

     

     言葉によって世界を支配しようとする動きが浸透しつつありますが、日本人は絶対に英語のネイティブ・スピーカーではありません。

     

     英語で話す人に対して、英語で討論をする、ケンカをするというのは相当大変なことです。

     

     逆にネイティブ・スピーカーというのは、討論もケンカも可能であり、何の苦労もなく英語支配者になることができて非常に有利な立場です。

     

     上図のピラミッド構造の通り、ネイティブ・スピーカーの下に第二言語として英語を外国語として使う者がいますが、もしネイティブ・スピーカーの人と対等に話そうとすれば、相当な学習時間が必要となります。

     

     相当な学習時間が必要となるということは、相当他の勉強をしてはいけないということと同然であり、相当他の勉強をする時間が奪われるということは、いろんなものの教養や、深くものを考える力など、間違いなく損なわれるでしょう。

     

     日本人が英語についてネイティブ・スピーカーになろうと努力すればするほど、他の勉強に使う時間はなくなってしまうので、考える力を失ったり、教養を学ぶ時間が奪われて教養が身につかなくなってしまうのは、ある意味で当然の帰結といえるでしょう。

     

     日本人が日本語で学ぼうとすれば、日本語で教養を学び、概念を学び、ものすごくいろんなことを深く考えることができるのですが、それができなくなってしまうという点で、英語教育の早期化は非常に危険だと私は思います。

     

     私は英語は話さなくていいと申し上げるつもりはありません。英語が話せた方がいいのは言うまでもありません。

     

     海外に行って自分の意見が言えた方がいいに決まっていますが、一番大事なのは英語が話せるということよりも、英語で何を話すか?ということが一番重要ではないかと思うのです。

     

     そのことを見失ってしまっては、英語教育の早期化は、むしろ発展途上国化につながるだろうと私は危惧します。

     

     

     

     というわけで今日は「明治時代の日本人の努力と英語公用語化論」と題して論説しました。

     私は決して英語を否定しているわけではありません。20代の頃、会社でTOEICを受験させられましたが、400点台と散々な結果だった記憶があります。

     しかしながら私は日本語の語彙もさることながら、英語の語彙は相当、頭の中に入っているため、平易な英語の語彙を使いながら、海外の視察や取材など、欧米や中東に行った際、普通に会話ができます。

     貿易の品目や法制度や金融事情など、普通にガイドと会話できる一方で、歴史は相当勉強しないとガイドの人の話に途中からついていけなくなるため、地球の歩き方で日本語で歴史の勉強をしてから海外に行きます。

     このように英語というのはあくまでも一つのツールであり、日本人は日本語で勝負すべきで、英語が得意な人は得意になって構いませんが、日本人全員がネイティブ・スピーカーを目指した場合、逆に国力が落ちて発展途上国化に拍車をかけるものと私は思うのです。

     

    〜関連記事〜

    インドネシア独立の真実と、支配されたのに日本に感謝するインドネシア国民の声

    英語教育について(トランプ大統領の演説を誤訳したNHK)


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    スポンサーリンク

    ブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    recent comment

    • ”平時のムダ=非常時の安全”を理解せず、ひたすら無駄削減に邁進する大阪維新の会こそ無駄な政治政党です!
      Ode (10/21)
    • 大阪都構想とは大阪市役所を廃止するのではなく大阪市という政令市を廃止することです!
      Ode (09/19)
    • 政治主導よりも官僚主導・族議員の昭和時代に戻ることが日本を強くする
      Ode (09/15)
    • 京都大学の上久保靖彦教授による新型コロナウイルスの日本人集団免疫獲得説について
      Ode (08/25)
    • 最高益となった41社が巣ごもり需要を取り込んだとするどうでもいい報道と粗利益補償の必要性
      Ode (08/21)
    • よくぞ言った!経団連の山内副会長”熊本豪雨災害は一種の人災”発言の真意について!
      Ode (08/04)
    • 日本国民の人命よりも”オリンピック開催”と”財政再建”を優先する安倍政権
      棚木随心 (03/16)
    • 地獄と化した武漢の真実が日本に伝わらない理由(日中記者交換協定について)
      アホでもわかるから書く必要はない (02/04)
    • レバノンのベイルートとビブロス遺跡
      棚木随心 (01/22)
    • 四国新幹線の署名活動について
      ・・・ (12/14)

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM